2022年1月28日

「中国ブラシ業の都」安徽源潭:「小」製品の大市場

合肥は3月27日、「源潭鎮の人口は10万人近くで、半分近くがブラシ業に従事しています。現在、全鎮工商登録製刷企業は5000社以上あり、規定上企業は50社余りで、100以上の技術特許を持っています。総生産額はすでに100億元を突破しました。製品は中国各地に販売されている同時に、米国、イギリス、カナダなど70カ国以上にも輸出されています。最近、安徽省ブラシ業商会第4回会員大会及び環衛ブラシ団体標準発表会で、安徽省ブラシ業商会秘書長丁躍進氏は言う。

最初の1本の毛筆から、今まで百数千種類のブラシ製品になりました。安徽省潜山市源潭鎮で、この昔貧しい山村は製刷産業に頼っています。2019年3月21日、中国軽工業協会と中国日用雑品工業協会は源潭鎮の「中国ブラシ業の都」という称号を授与しました。ブラシは源潭鎮の「ブラシ」のために豊かな道を切り開きました。

丁躍進の紹介によると、現在源潭鎮は主に民間用ブラシ、工業用ブラシ、環衛ブラシの三つの種類を製造しています。製品はそれぞれ中国市場のシェアの3割、7割、9割を占めています。「どこに3ブラシがありますか?どこにも私達の『源潭製造』があります。」

知るところによると、源潭鎮のブラシの製作技術は毛筆の製作技術から派生してきて、今まで百年近くの歴史の沈積にすでにありました。源潭鎮の製刷業は1970年代末から始まりました。最初に源潭人は農村の長年の無用な豚の毛を開発利用して、刷毛、ペンキブラシなどの生活用品を生産しました。

今年58歳の胡雲節は源潭鎮の一番早い「製刷人」として、30年余りの製刷経験があり、源潭鎮の刷業発展を目撃しました。年代には「リュックサックの客」として、足を組んでペンキブラシを外地に売り込んだ。90年代、胡雲節は自分で生産を考え始めて、ブラシの方式も純粋な手作業から半機械化の生産に変えます。今、彼の工場は全自動化生産を実現しました。自分はもっと多くの精力を技術研究開発に使います。

源潭鎮の「刷」から出たこの道で、わずか三十年の間に、胡雲節は食事を十分に食べられない貧しい家庭から年産額8000万元の企業家に変えられました。「ブラシは源潭鎮の千世帯の経済発展を牽引し、現地の物流、電気商などの業界の興隆をも牽引しました。」胡雲節は、今後はより多くの国際市場を開拓し、「源潭製造」を世界に発展させたいと話しています。

源潭製刷業が「家庭工房式」から「規模化」へと転換したのは、現地の生産集約化の発展のおかげです。源潭刷業産業園のある製糸工場では、8つの生産ラインが同時に稼動しています。労働者たちは緊張して作業しています。徐賢国は例によって、当日のブラシ製造状況を詳しく調べています。

徐賢国の紹介によると、彼の工場の年間生産額はすでに一億元を突破しています。ブラシ業の発展は自分の生活をより良くするだけではなく、地元と周辺住民の就業をも牽引しました。「工場内の女性労働者は一年に四、五万元の報酬があります。技術のある男性労働者は八万元で、私達の源潭の地元の多くの就職問題を解決しました。」

調査によると、2011年、安徽省政府は源潭刷業産業園の設立を許可した。現在、この産業園内のブラシはすでにブラシ業の原材料の生産、加工、研究開発、販売、物流、トレーニングを一体化した比較的完備した産業体系を形成しています。

「現在、源潭鎮の製刷業は完全な産業チェーンを実現し、製品の研究開発においても、「製造」から「知造」に向かっている。丁躍進氏によると、未来、源潭鎮は製刷産業チェーンの上流下流をめぐって、機械製造、金型生産などの業界に焦点を合わせて、ブラシ業制度の地域ブランド影響力をさらに拡大するという。(終わり)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。