2021年12月2日

「中国白茶の郷」福建省福鼎で茶祭開催

寧徳3月28日「中国白茶の郷」福建省寧徳福鼎市で第10回福鼎白茶開茶祭が28日開催された。

現場では、福建省政協の陳増光元副主席、中国工程院院士、有名な茶学者陳宗懋、寧徳市党委書記郭錫文、福鼎市党委書記江蘇包、どらを鳴って茶を開くと発表した。

江苏包さんは、茶祭というプラットフォームを開くことによって、福鼎白茶のブランド力をさらに高め、白茶産業のグリーンで高品質な発展を推進し、村の振興に助力したいと望んでいる。

続いて、大規模な音舞詩画・白茶テーマの文芸公演は「千年の伝承」「百年鍛冶」「十載夢を追う」「一心党に向かって」の4つの章で上演され、福鼎白茶の歴史の伝承と白茶産業の発展を見せている。

福建省政協元副主席、海峡両岸茶業交流協会の陳紹軍会長によると、福鼎は近年、文化や科学技術の革新を借りて、産業の発展の活力を引き出し、茶産業の発展を推進する強い力を形成し、産業が繁栄し、美しい農村、豊かな農民の茶産業の発展の道を歩んできた。

福鼎は全国10大茶県(市)の一つで、山と海に沿って、生態系が優れていて、特別な地理的気候と優れた自然環境が福鼎大白茶、福鼎大毫茶などの国優茶樹の良種です。

2020年には、福鼎市の茶園の摘み取り面積は30万ムー、茶叶の総生産量は3.24万トン、うち白茶の生産量は2.53万トン、茶産業の総生産額は119.5億元となっている。「福鼎白茶」は11年連続で「中国茶葉地域公共ブランド価値10強」に入り、49億7400万元のブランド価値で全国第4位となり、「最もブランド発展力がある」と評価された。

江蘇省のバッグは、近年では、市は”大規模化、標準化、ブランド化、情報化、企業化”発展の思考回路は、茶文化、茶産業、茶科学技術を統一して、茶産業の貧困を克服するために、農村振興の柱産業;福鼎白茶のビックデータトレーサビリティシステムを構築し、茶園からティーカップまでの全工程をトレーサビリティシステムで実現します。

福鼎市はこれまでに40万人の茶を扱っており、茶の生産加工sc認証企業が484社、国家、省、市、県レベルの大手企業が167社あり、全国各地で1万余りのマーケティング拠点を設立し、10万余りの雇用を提供している。

今回の開茶祭の期間中、福鼎は白茶国際サミットフォーラムを開催し、白茶産業の研究成果を発表した。(完)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です