2021年12月2日

全国工業企業の利益回復が加速業界利益の6割近くが倍増

前月の9割以上の業界の利益が伸び、6割近くの業界の利益が倍増——

全国工業企業の利益回復に拍車がかかる

本報熊麗

国家統計局が27日発表した今年6月前工業企業利潤のデータによると、統合が疫学cdcや経済社会発展の効果が现れ、国内外の市場の需要が回復の安定や同期の基数が低い、はらわ旧正月などの要因が共に働いで、産業生産、販売成長に拍車企業所得、回復の利益を加速し、営利水準に回復が目立った。今年2月、全国規模以上の工業企業の利益総額は1兆140.1億元となり、前年同期比で1.79倍、2019年同期比で72.1%増、2年平均で31.2%増となり、昨年下半期以来の比較的早い成長ぶりを維持した。

「複数の要因が産業の利益を急速に増加させている。」国家統計局工業司の朱虹上級統計師は次のように述べた。規模以上の工業企業の利益は昨年1月から2月にかけて、アウトブレークの影響で前年同期比38.3%大幅に減少し、2019年1月から2月にかけては前年同期比14.0%減少したことから、ベースをさらに下げた。今年の春節期間、多くの地域で現地での年越しを推奨した結果、企業の操業時間が明らかに延長され、従業員の出勤状況も例年より明らかに良くなった。1月から2月にかけて、規模以上の工業企業の平均労働者数は前年同期比3.0%増となり、企業の労働者数が増加し、工業企業の生産を加速させ、収益性を向上させた。

工業生産販売の伸びが加速し、利益が明らかに増加した。年初以降、需要は回復を続け、工業企業は安定した回復傾向を続け、生産販売は前年同期に比べて明らかに加速した。1月から2月にかけて、規模以上の工業の付加価値は前年同期比35.1%増加し、2年平均では8.1%増加した。営業利益は同45.5%増,2年平均9.4%増となった。工業生産と販売はいずれも近年よりよいレベルに達し、企業の利益の改善のために有利な条件を作り出す。

統計データによると、9割以上の業界の利益が伸び、6割近くが2倍になっている。今年1 ~ 2月の産業分野41大業種のうち、利益総額が前年同期比増加したのは38業種、減少したのは2業種、横ばいだったのは1業種で9割を超えた。このうち、利益率が100%を超えるのは24の業種です。2年の平均から見ると、32業種利益の成長、成長の面の78.0%に達した。

企業の赤字は明らかに減少し、黒字企業の貢献は目立った。今年1 ~ 2月の規模以上の工業赤字企業の赤字額は、前年同期比28.6%減少するなど、大幅な減益となった。2月末現在、規模以上の工業企業の赤字額は27.1%で、前年同期比9.0ポイント減少した。昨年同期の赤字企業のうち、47.2%の企業が今年2月に黒字を達成し、規模以上の工業企業の利益が96.1ポイント増加し、赤字企業の利益増加寄与が目立った。

具体的な業種から見ると、高技術で製造装備と牽引の役割を明らかに。今年1 ~ 2月の設備製造業とハイテク製造業の利益は、前年同期比でそれぞれ7.07倍と3.08倍増加した。2年の平均から見ると、それぞれ55.3%、60.2%増となった。このうち医薬製造業は、ワクチン需要が急増し、防疫・抗ペスト製品の成長が早いなどの要因が加わり、前年同期比95.4%増となった。

また、原材料製造業の利益は好調だった。今年1 ~ 2月、原材料製造業の利益は前年同期比3.46倍、2年平均46.4%増加した。製品価格の上昇や在庫原材料コストの低さなどにより、関連業界の利益率は明らかに上昇した。このうち、石油、石炭及びその他の燃料加工業は、同期間の赤字から当期利益に転じ、577億元の新規利益を計上した。化学原料と化学製品製造業の利益は同4.98倍に増えた。投資の回復、川下需要の増加、金属類のバルク商品価格の上昇などにより、黒金属製錬・圧延加工業の利益は前年同期比2.71倍、非鉄金属製錬・圧延加工業は2.58倍となった。以上の4つの業種の合計をけん引規模以上工業企業利益は同47.9%増。

また、産業企業のコスト圧力が大幅に緩和され、利益率が大幅に回復したことがデータから明らかになった。今年之前、規模以上の工業企業当たりひゃく元営業所得のコスト減の1.16元、単位原価に近年は低い水準に落ちた。当たりひゃく元営業所得の費用は1.38元減。

「コストの料金水準低下企業の利益を拡大した空間。」朱虹が示す。今年2月、規模以上の工業企業の営業利益率は6.60%で、前年同期比3.15ポイント改善し、収益力が著しく向上した。

「全体的に見て、工業企業の収益が急速に回復する態勢を続ける状況、しかしも见なければ、国際情勢も複雑で、厳しい国内疫学cdcリラックスでき、業種別の効果はバランスの改善、一部消費財業界の収益がまだ疫学前正常水準まで回復し、工業の本格的な経済回復の基盤は一層強固に。」朱虹氏は次の段階で新発展構図の構築を加速させ、工業経済の持続的かつ安定的な回復のために有利な条件を作り出すと表明した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です