2021年12月2日

小さなバラが「咲く」大きな産業広州の「バラ経済」は村の振興に助力する

広州3月28日放送:真っ赤な绯扇のバラ、赤い縁と黄色い地のアバンズ、白いタニック、ピンクのシャンパン、ピンクのエデンの園、桃色の水蜜桃の王…広州市従化区で28日バラ芸術文化祭が開催され、数百ムーの花が園区を取り囲む。同時に、同区の花卉産業はグレードアップ・モデル転換を実現し、村の振興に助力する。

上記の園区の敷地は500余りムーで、300種以上のバラの品種を所有して、多様なバラと各種の花を交互に植えて、自然の美しい特色と人文の創意的な要素を結合して、異なる季節に異なる風景を見せます。

「バラの花には芳香物質やビタミン、色素、フラボノイドなどが含まれており、抗酸化や抗炎症活性に優れています。」広州友生の農業技術有限会社の関係者によると、同社の年開発を通じて、开発のバラスキンケア製品などのシリーズに、バラの産業のアップグレードの変形を実現し、土地を借り、雇用の住民、農産物販売などの方式を助け、村民の「家」の実現に就職を助ける牽引村民貧困撲滅致富路に向かった。

従化バラ芸術文化祭の開催期間中、バラ景区は広州美術学院が創作した従化村振興、美しい村シリーズの油絵を展示している。

このほど、広州美術学院筆意油絵高研クラスから来た20人余りの先生と生徒がバラ園に来て写生活働を展開した。「従化の生態環境は美しく、空気もきれいで、私たちは筆を持って従化の田舎の美しさを伝えたいと思っています。」広州美術学院筆意油絵高研班の刘順華主任は次のように述べた。

広州市人区人民政府関係者によると、今年の人区のバラ芸術祭のかけが長く、持続時間から3月から5月、活動のバラ産業のアップグレードの変形やスキンケアを含む新製品展示、田舎の振興展、春撮影大会など、推進展示生み出そう「農業+テクノロジー観光」の融合、田舎の振興推進戦略を実施。(完)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です