2021年10月25日

青海省:生態資源の利点をエコ観光業の高品質な発展を推進する

西寧3月28日:”将来的には、我々は新しい発展段階に立脚して、生態文明の建設を最優先して、生態系の利点をエコ観光の発展を推進するために、” 1つの6つの地区の2つの廊下のマルチポイント”エコ観光の開発の新しいレイアウトを構築し、文旅団の高品質の開発を推進する国際的なエコ観光目的地を作成します。青海省文化観光庁の常紅安副庁長は28日、「大美青海・生態観光があなたを招く」イベントの起働式で明らかにした。

绍介によると、今回のイベントから3月28日まで続く6月、重点を18項目の20の文旅団活動、青海生態観光優位をめぐる多くの措置、形の大米青海生態観光の海外での知名度アップ、文旅団をさらに促進融合、生態資源の差で質の高い発展青海省の生態観光を推進し、積極的に国際生態観光地を作る。

式典当日、現場では、”大美青海エコツアー”観光ルートや優遇措置を発表し、”コード”上流体験型の説明は、貧困救済観光村の集団経済発展配当式を開催したと同時に、”低炭素ツアー健康”千人のウォーキング活動。

青海省の生態観光資源は、山宗、水源、外国、浄土などの多くの特徴を集めて、青海省は世界最大面積の寒冷湿地、草原、低木や森林などの生態系を持って、世界の標高の高い地域の生物、種、遺伝子、遺伝的多様性が最も集中している地域です。

近年、青海省の文化と観光システムは生態生態的価値を十分に発揮し、エコツーリズムの発展を強力に推進し、エコツーリズムの新たな優位性がますます明らかになっていることが理解されている。「第13次五カ年規規」期間中、青海省の観光客の受付量の年平均成長率は21.73%、観光総収入の年平均成長率は22.68%となり、同省の経済に対する観光業の貢献度は明らかに増加し、生態的利益、社会的利益、経済的利益の統一を実現した。

“青海の生態的地位の重要性、特殊性とかけがえのない、青海文化観光の発展を決定し、自然を尊重し、自然に順応し、自然を保護しなければならない、場所の特性と資源の特性を中心にして、生態系保護優先のグリーン崛起の道。”常紅安は言った。(完)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です