2021年12月2日

10大都市のgdp:成都がトップ、8都市が兆を超える

巨大都市は中国の都市システムの重要な構成要素であり、人口が大都市に集中するにつれて、巨大都市は急速に成長した。現在の巨大都市の経済総量はどうか?

特大都市とは都市部の人口500万人以上1000万人以下の都市を意味する。住建部氏が最近発表した「2019年都市建設統計年鑑」によると、東莞、武漢、成都、杭州、南京、鄭州、西安、済南、瀋陽、青島の10都市は都市部人口が500万人から1000万人の超巨大都市である。前年に比べて、巨大都市が1つ増えたのが済南だ。

第一財経整理によると、これら10都市のうち8都市が2020年のgdpが兆元の大台を突破し、トップの成都は最低の瀋陽の2.7倍となった。

4大新一線の先頭都市が競争する

データによると、2020年には巨大都市10都市のうち8都市のgdpが1年前より2つ増えて1兆ウォンを突破した。上位3位は成都、杭州、武漢で、いずれも1兆5000億元を超えている。

成都は17,716.7億元の経済総量でメガシティ第1位となった。成都統計局のデータによると、成都は「新経済発展に最も適した都市」の一つとなっている。イノベーションの活力が噴出し続け、ハイテク企業の数は6000社を超え、ハイテク産業の営業収入は兆元を突破した。

電子情報産業は成都の重点発展の柱産業である。成都市経済信讬局は、2020年に成都全市の電子情報産業規模が前年同期比19.8%増の10065億7千万元に達し、このうち規模以上の電子情報制品製造業の営業利益が同30.7%増となったと発表した。

同時に、2020年の成都の対外貿易輸出入は非常に明るい。データによると、2020年の輸出入総額は7154億2000万元で、前年同期比22.4%増加した。このうち、輸出総額は4106.8億元で、23.7%増加した。輸入総額は3047億4000万元で、20.7%増加した。加工貿易は成長を続け、加工貿易方式による輸出入総額は5031億6千万元となり、25.8%増加した。

また、2020年に成都高新総合保税区は輸出入総額5491.7億元を達成し、過去最高を更新し、全国総合保税区の中で33ヶ月連続でトップとなり、26.8%の増加で全市の76.8%を占め、省の対外貿易輸出入総額の68%を占めた。

成都高新区経済運営局(企業サービス局)の賀凱豊副局長は、成都の対外貿易輸出入で、高新総合保険区が大部分を占めているのは、主にインテル、富士康、デルなどの大手企業がここにいるからだと語った。産業チェーン全体では、輸入された材料、パッケージ化された製品の輸出量が大きい。

賀凱豊氏は次のように分析した。成都の対外貿易輸出の伸び率は、制品、産業構造と関連がある。成都の外国貿易輸出品の中で、電子情報制品の割合が高い。去年は大流行でみんなが家で仕事をしていたので、「オタク経済」の制品、特に電化制品が多く使われ、末端制品が売れて需要が大きかった。そのため、昨年はインテルなど電子業界のトップ企業が軒並み逆成長した。

成都税関のデータによると、「オタク経済」製品が輸出の伸びを高めている。世界のホームオフィスなどの需要増加に伴い、「オタク経済」関連製品の輸出が増加し、2020年には四川省のノートパソコン、タブレットpcなどの「オタク経済」製品の輸出額がそれぞれ29%と49%増加し、両者を合わせて四川省全体の輸出額が13.1ポイント増加した。

賀凱豊氏は次のように述べた。成都は国家中心都市として、南向き、西向きの放射線の面で明らかな地理的優位性を持っている。

対外交通の面では、現在、成都の国際路線の規模は全国第4位、中西部第1位を維持している。双流国際空港旅客スループット4074万2000人、全国の空港で2番目に;発着回数と旅客便の総数はいずれも世界第8位である。

中国社会科学院都市発展と環境研究センターの牛鳳瑞研究員は、第一財経分析によると、西南地区は人口が多く、労働力も十分であると同時に、成都のビジネス環境も良好で、電子情報などの産業発展を支えている。

成都に続いて杭州は1兆6106億元の経済総量で武漢を抜き、巨大都市の第2位となった。成都、武漢、南京の3大地区の中心都市と比べて、杭州には都市基盤、資源要素の集積において少なからぬ差がある。改革開放初期には、杭州市の都市部の人口規模もかなり小さかった。しかし、改革開放後、杭州の民間経済は急速に発展し、特に新世紀に入ってから、杭州の情報経済は全国をリードし、中国の「電子商取引の首都」に発展した。

杭州市統計局のデータによると、2020年に全市のデジタル経済の中核産業は4290億元の付加価値を達成し、13.3%増となり、gdp成長率9.4ポイントを上回り、gdpに占める割合は26.6%となり、前年比1.9ポイント増となった。今年の杭州市政府活動報告によると、2020年、優秀な人材に対する杭州の吸引力は持続的に増大している。杭州市は2020年、35歳以下の大学生を新たに43万6000人導入し、人材純流入率で全国トップを維持し続けている。

しかし、杭州の短板も明らかである。例えば、杭州の新興産業はモデルイノベーションイノベーションを重視しすぎているが、科学技術の研究開発の面では強くない。特に情報経済構造全体が軟弱で、科学技術製造業の面では向上が必要だ。

感染症の影響が最も大きい武漢、gdpが巨大都市の中で第3位に後退。の今年の武漢政府工作報告書として、封コントロール最長、再開時間が遅く、疫学影響を最大の都市、は昨年1四半期地域総生産断崖式の下落の场合、撲殺2四半期、スパート第3四半期、决戦の4四半期、通期予想はいい、経済総量が全国の都市の上位10位、1.56161ちょう元に達し、前年同期比4.7%と、安定した経済の基本盘。

しかし、現在の武漢の回復勢では、2021年に本格的に復活した武漢が杭州を逆転して8位に戻る可能性が高い。

南京は引き続き巨大都市第4位を維持し、新たな突破を実現した。2020年にgdp14817.95億元を達成し、経済総量は2016年に初めて全国gdp兆元クラブ都市に入った後、初めて全国トップ10入りを果たした。

牛鳳瑞氏は、大学、科学研究機関、文化インフラが比較的集積している都市は、以前は何らかの理由で、潜在力と優位性が現れていないと述べた。近年、時代の変化に伴い、特に科学技術革新が発展の基本的な原動力となると、これらの都市では既存の技術資源、科学技術基盤の優位性が発揮され、例えば南京、武漢、成都などが爆発期を迎えている。

8兆を超える都市

4つの新フロントラインの先頭都市に続き、黄河流域の4つの巨大都市もいずれもgdp兆都市にランクされた。それぞれ青島、鄭州、済南、西安だ。そのうち青島と鄭州はいずれも1兆2000億人の大台に乗っている。

2020年、鄭州のgdpは12003億元で、青島とは397億元の差がある。牛鳳瑞氏は次のように述べた。青島には現在も多くの面での優位性がある。青島は我が国の重要な港であり、スループット能力も全国でトップクラスである。青島は工業制造業の方面で、ハイアール、海信などのいくつかの有名な企業を持って、産業基盤が十分です。

しかし、鄭州のある河南省は、わが国の戸籍人口第一位の省であり、鄭州は省都と中原都市群全体の中心地として、経済的な地盤はかなり広い。牛鳳瑞氏によると、鄭州はここ数年、経済発展が急速に進んでおり、国家中心都市となっており、立地の優位性は独特だ。もちろん鄭州も明らかに短く、南京、武漢、成都のような大都市の中心都市や合肥、長沙などの兄弟都市に比べて、一流大学や科学研究机関は比較的少なく、全体的な科学創造能力は突出していない。

10の巨大都市のうち、今年新たにgdp兆ウォン台に進入した2都市は済南と西安だ。西安の経済成長率は5.2%に達し、10の大都市の中でトップの成長率を記録している。

陝西省都市経済文化研究会の張宝通会長は、現在、西安の経済発展にもいくつかの不足と欠点があるとみなしている。西安の高い教育、科学技術資源は十分に充実しているが、民間経済が発達していないため、多くの科学研究成果が定位置で転化することができないが、長江デルタ、珠江デルタなど沿海の発達地域に転化する。したがって、西安の将来は民営経済発展の見通しを加速させることが非常に重要だ。

10都市のうち、gdpが兆兆を超えていない東莞と瀋陽もある。このうち、東莞市の昨年の経済成長率はわずか1.1%だった。対外貿易依存度が最も高い都市として、2020年の東莞経済は大流行の影響を受け、2020年の第1四半期には出稼ぎ労働者の帰港が困難になり、多くの注文が完了しない。4月以降も輸出に支障が出ている。2020年、東莞市の輸出入総額は13303.0億元で、前年比3.8%減、そのうち輸出は8281.5億元で4.4%減となった。

しかし投資から見ると、2020年、東莞全市の固定資産投資は前年比13.0%増となり、成長率は前3四半期比3.9ポイント増となった。業種別では、製造業投資が15.4%増加し、成長率は前3四半期より6ポイント低下した。不動産開発投資は9.3%増加し、前の第3四半期より7.6ポイント増加した。上半期に初めてプラスに転じた後も安定した成長を続けている。不働産開発投資を除いた一般事業投資は15.2%増加した。インフラ投資は前年同期比19.3%増となり、前期比9.8ポイント増と、急速な成長ぶりを見せている。

広東省体制改革研究会の彭澎執行会長によると、2021年に東莞が兆の大台を突破する確率は非常に高い。「今年は回復の年であり、成長率が相対的に高くても正常だ。しかし、構造的な問題はもっと調整しなければならない」と述べた。

瀋陽は現在、东北の唯一の特大の都市は昨年、瀋陽のgdpは6571.6おく万ウォンと、0.8%増となった。経済総量では33位だった。現在、特大の都市では、瀋陽gdp首位成都の37%にあたる。

全体的に見ると、瀋陽はまだモデル転換の「痛みの時期」を完全に脱していない。沈陽を含む東北地区は、もともと重化学工業の比重が非常に大きく、しかも計画経済のシステム慣性の継続が比較的大きく、モデル転換の過程で出会った問題と困難はさらに多く、モデル転換はさらに容易ではありません。現在に至っても、一部の産業は変形が可能であり、例えば装備製造業は相対的に有利である。しかし、都市全体の経済総量は伸びず、さらなる努力が必要だ。

著者:林小昭

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です