2021年12月2日

データ共有の壁を打破ebレベルのブロックチェーンストレージ・リソース・プールを共同で構築する

北京3月29日29日に開催された「計算力の頂点・目隠し論連鎖」2021世界計算力サミットで、多国間が手を取り合ってeb級ブロックチェーンのストレージ資源プールを共同で建設することが分かった。

ebレベルのブロックチェーンストレージリソース・プールをめぐる構想には、少なくとも3つの側面があることが報告されている。まず、分散ストレージ技術と産業融合を加速し、分散ストレージ技術の革新的発展を推進する。第二に、業界のために分散ストレージ技術の着地モデルを出力し、分散ストレージ技術の革新的な応用を推進し、ブロックチェーンストレージのエコ健全な発展の新しいモデルを共同で探索する。最後に、グローバルな分散型ストレージプラットフォームを構築することによって、ブロックチェーンストレージにおける各業界のデータの落下をより深く探索し、データ共有技術の障壁を打破し、新しい産業生態系の生成を促進します。

業界では、ブロックチェーンが関連政策によってデジタル経済を支える新技術インフラになりつつあるとの分析も出ています。ブロックチェーンの急速な発展の中で、分散ストレージ技術は、この業界で使用される新しいトレンドとなっています。

今回、中科曙光、安邁雲と楽信科技は「ipfs分散ストレージeb級の生産開始」戦略協力協定を締結した。三者は分散ストレージ技術、ブロックチェーン応用、産業生態融合などの多分野で全面的な協力を展開し、web 3.0スマート時代のデジタル経済分野における新たなインフラインフラ建設を加速させ、「ブロックチェーンストレージエコ」の発展を共同で推進することを目指すと発表した。

中科曙光ストレージ公司の恵潤海社長によると、曙光は近年、革新的な分散ストレージ技術とブロックチェーンアプリケーションを深く融合させ、ソフトウェア機能、データio経路、安定性などの面で大量のカスタマイズ開発と最適化作業を行ってきた。

今回の契約をきっかけに、関連プロジェクトの実施を推進し、高品質、高レベルの協力で三者ウィンウィンの発展を促進し、ブロックチェーン技術革新と産業発展を助力したい。(完)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です