2021年12月2日

中国最大のワイン用ブドウが集中的に生産されている地区で栽培シーズンが始まった

銀川3月29日29日、寧夏賀兰山東麓のワイン生産区のブドウ園では、労働者が土の中に眠っていた冬のブドウの木を棚に掘り出し、芽が出るのを待っている。

このプロセスは「藤を展示する」と呼ばれ、天気がだんだん暖かくなって、寧夏賀兰山東麓のワイン生産区の各ワイナリーが次々と藤を展示する作業を開始した。これも中国最大のワイン生産用ブドウが集中的に連なっていることを示している。

世界の有名なワイン生産地域と比較して、「冬は土を隠して、春は藤を見る」は寧夏賀兰山東麓のワイン生産の独特な方式で、この方式はブドウを極低温に耐えさせて順調に越冬させ、高品質のワインを作り上げます。

寧夏長と翡翠酒庄実業有限公司の張yanlily総支配人は、寧夏夏の冬の気候は乾燥し、風が強いので、ブドウの木は空気中に露出して水分を失い、苗木が死ぬ原因になると述べた。「だから寧夏産区は『冬は土を隠して埋め、春を迎えて藤を育てる』という最も経済的で効果的な方法を采用している」。リリーさんによると、藤の時期にもこだわりがあり、その年のぶどうの収獲に直接影響しているという。

紹介によると、「藤を展示する」時期は主に毎年3月末から4月初めまでで、出土した籐は極低温の発芽芽を防ぐため、寧夏のワイン産地となっている世界の他の産地の独特な風土と農耕文化、強い儀式感がある。現在、寧夏は6回連続して賀兰山東麓ブドウ春耕展籐イベントを開催している。

それによると、寧夏賀兰山の東麓のワイン生産地区はワイン用ブドウ栽培の「黄金地帯」に位置し、中国最大の集中的なワイン用ブドウ生産地区であり、ワイン用ブドウ栽培面積は49万ムーに達し、中国の4分の1以上を占めている。産区計画は2030年までに年産品質の良いワイン3億本以上を実現し、総合生産額は1000億元に達する。

現在、寧夏産区のワインはドイツ、アメリカ、ベルギー、カナダ、フランス、シンガポール、デンマーク、オーストラリア、スペイン、香港、マカオなど30余りの国と地域に輸出されている。(完)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です