2021年12月2日

中央銀行の調査報告によると、今年第1四半期のマクロ経済の熱は上昇した

中央銀行の調査報告によると、
は今年第1四半期のマクロ経済の熱が上昇した

中国人民銀行がこのほど発表した調査報告によると、今年第1四半期の企業家のマクロ経済熱指数は38.9%で、前期比4.5ポイント、昨年同期比26.5ポイント上昇した。銀行家のマクロ経済熱指数は42.4%で、前期より8.8ポイント上昇した。

調査によると、今年第1四半期の企業景気指数は56.3%で、前期比0.5%ポイント、昨年同期比26.0ポイント上昇した。黒字指数は53.1%で、前期より6.7ポイント下落し、昨年同期より30.8ポイント上昇した。

企業受注では、第1四半期の輸出受注指数が41.8%で、前期比4.6ポイント、昨年同期比22.7ポイント上昇した。

価格面では、第1四半期の製品販売価格体感指数は56.9%で、前期比3.6ポイント、昨年同期比16.9ポイント上昇した。原材料購入価格体感指数は71.6%で、前期比7.5ポイント、昨年同期比14.7ポイント上昇した。

資金回りでは、第1四半期の資金回り指数が60.6%で、前期比1.3ポイント、昨年同期比15.2ポイント上昇した。売掛金旋回指数は63.5%で、前期比0.8ポイント、前年同期比17.8ポイント上昇した。

調査によると、第1四半期の銀行景気指数は72.1%で、前期比4.2ポイント、前年同期比13.8ポイント上昇した。銀行収益指数は66.2%で、前期比5.3ポイント、前年同期比15.7ポイント上昇した。貸出需要指数は77.5%で、前期比5.9ポイント、前年同期比11.6ポイント上昇した。

このほか、中央銀行の調査報告によると、第1四半期の所得体感指数は51.7%で、前期比1.1ポイント上昇した。就業体感指数は43.9%で、前期より2.4ポイント上昇した。

愈&;

愈&;

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です