2021年12月2日

広西柳州一開発業者破産清算業者住宅購入10年末産権証を受け取る

柳州3月29日「10年近く経ってようやく不動産証明書をもらった。結婚証明書をもらうより嬉しい」。広西柳州市泰洋玉竜山小区の周春明オーナーは29日、真っ赤な不動産権証を受け取り、証に自分の名前が印刷されているのを見て、嬉しそうな顔をした。同日、同団地のオーナー80人全員が不動産権証書を受け取った。

玉龍山団地は柳州市(ユジュシ)の泰洋(テヤン)不動産開発有限公司(以下、泰洋ハウス)が開発した団地だ。団地は2011年に開発され、2013年に完成した。泰洋館は、玉龍山団地の施工業者が工事代金を滞納したため、施工業者が団地工事の完成資料を施工業者に渡さず、玉龍山団地内の80世帯が2014年に入居した後、不動産権証書を受け取ることができなかった。

不動産権証を長期間受け取ることができない状況で、玉龍山団地のオーナー17人は柳州市柳南区(ユナムグ)の人民法院に訴訟を起こし、判決文の発効後、強制執行を申請した。強制執行の手続きに入ったにもかかわらず、施工業者は団地の竣工資料を施工業者に渡すことを拒否した。同事件の強制執行手続きも、オーナーの悩みを実際に解決することはできない。

不動産権証を早急に発行するために、柳市住建局に協力を求め、業者、開発業者、施工業者の3者協議会を開いて関係部門に状況を報告したが、いずれもうまくいかなかった。

2018年、訴訟を起こした事業主の1人が柳州市柳南区人民法院に転破産手続きの執行を申請した。この申請は柳州中院の審査を経て、2018年8月21日に泰洋館破産清算事件を受理すると法律に基づき決定され、同日、広西至和弁護士事務所が管理人に指定された。

管理人が引き継ぎをした后、泰洋館の事務所は既に人が空になっていて、会社の株主と実質的な管理人は管理人から電話や手紙などで連絡が取れなくなり、会社のすべての資料や印鑑も引き継ぎができなくなった。管理人は最終的に各財産権部門で証拠を調査し、泰洋家が開発した団地内に公告を掲示する方式を通じて、マンションの財産の一部の手がかりを得て、また玉龍山団地が現在直面している証明の難題を了解した。

2018年11月27日、第1回債権者会議が開催された。2019年には破産裁判所の主催で、事業主代表と実際の施工者、管理者が協議会を開き、実際の施工者は管理者が完成資料を提出し、完成書類を作成することに同意した。管理人は資料を受け取った後、債務者の財産を引き渡さないまま、資料整理費など各種の必須費用を出資して立て替え、柳州市住建局、市審査審査局などの各部署を調整し、2020年4月末に竣工届を提出した。

管理人は20年5月、柳州市不動産センターに分譲初期登録書類を提出した。玉龍山の住宅地は古い住宅地で、元の測量レポートを使用することはできませんが、再測量しています。

二〇二〇年六月末、管理人は登録書類をすべて正式に提出した。柳州市の不動産センターで資料を審査する過程で、地下駐車場のアンダーラインが計画通りに引かれていなかったり、敷地内の業者が違反して建設しても証明できないなどの問題が発生した。

裁判所は柳州市住建局、市不動産登記センターと話し合い、今回の苦情と業者の訴えをフィードバックした。2021年3月1日、81の初期登録(地下車庫1戸を含む)が完了した。現在、80世帯分の不動産権証がすべて処理された。

「企業が不渡りを出した時はみんな慌てたが、裁判所と管理人が安心してくれた」。玉龍山団地のオーナーたちはため息をついた。不動産証書を受け取った団地のオーナーは裁判所、管理側、コミュニティに感謝の意を表して錦旗を送った。

柳州市中級人民法院民事裁判第1法廷の寧氷部長は、「オーナーのために不動産権証を作るのは、破産清算事件の法廷作業ではない」と述べた。しかし、もしこの事件が事業主の不働産権証を処理しなければ、たとえ事件が法に基づいて完結したとしても、不成功の事件になり、不働産権証を取り扱うことができず、大家の定住、不働産の譲渡、子供の入学などの最も基本的な生存権に深刻な影響を与える。本件破産裁判所は管理人と各部門の連携を調整して、事業主の財産権証の取り扱い問題を解決して、破産で効果的に民生を促進し、破産で効果的に調和を促進することを実現した。(完)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です