2021年12月3日

泰康安寧治療プロジェクトは究極のケアを公益人文の新高度に向けて正式にスタートした

3月29日28日、泰康燕園リハビリ病院と泰康記念園が共同で設立した泰康安寧療護プロジェクトが「北京大学安寧療護フォーラム」で正式にスタートした。

安寧緩和医療やホスピスケアとも呼ばれ、医師、看護師、ボランティア、ソーシャルワーカー、理学療法士、心理士などで構成されたサービスチームによって、生命を脅かす病気を患って末期に追い込まれた患者やその家族に専門的なサービスを提供しています。それは医学医療専門技術と人文の結合は、完全な身を経由、心、社、霊の配慮と医療、末期患者の体の痛みを減らすと适应症ない、ストレス、患者と家族に対する心の支えを提供し、その临终の事実を受け入れ、塾付き添って患者を落ち着いて歩いた人生の最後、協力を家族に患者が死亡、2という現実に生死の境界に、生命の淡々と尊厳を追求する。この緩和医療分野の新しい取り組みは、終末期の高齢者や家族にホスピスケアの支援を提供することを目的としており、泰康が全ライフサイクルの健康サービスをカバーする重要な延長線上にある。

泰康推進の安寧を蒸し护医学人文民生健康産業としての細分化分野の公益+「ビジネス」の有利な条件を、心身の安寧蒸し护公認の社の霊の基準にサービスの土台の上で、一方がより健全な生命の末期患者にホスピス+究极のケアサービス連続、患者やその家庭環境安顺を実現させ、生者の安寧、生死二現実;また、ビジネスイノベーションを通じて、安寧介護業態の持続可能な発展を導き、社会課題の解決にも貢献したいと考えています。また、泰康大の健康産業医養融合、全国立地の優位性も、安寧治療護護公益事業展開の重要な基盤となっている。

安寧療護は泰康之家・燕園の住民からも絶大な支持を得ています。泰康の家・燕園養老コミュニティの住民で北大の著名な学者の銭理群教授は、泰康究極のケアの発展に関心を持っている。「ホスピスケアは泰康の高齢者にとって、人生最後の大事であり、彼らはこの方面で多くの考え、心配、要求を持っている。泰康はホスピスケアを、養老とリハビリ病院の次の発展の大事、重要な事業としてやるべきです。」

命は大切だが、病気の末期患者の命が取り返しのつかないものであれば、患者に苦しみを解き、人生の美しさを記憶に残し、安らかに尊厳をもって人生の旅を終えることは、社会の進歩の体現である。夏の花のように咲き、秋の静かな美しさのように散る。泰康は生命を尊重し、生命を愛し、生命を礼賛する初心を持って、安寧に養生し、究極の配慮をこの世界に更に多くの温かさと愛情をもたらします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です