2021年10月25日

養殖業の炭素排出削減:始まりは厳しく未来は美しい

本紙肖偉

国務院はこのほど「<政府活動報告>重点業務分業の実施に関する意見」(以下「分業意見」という。)を発行した。『分業意見』は、炭素達ピーク、炭素中和の各仕事を着実に行い、2030年までの炭素達ピーク行働案を作成することを提案している。「分業意見」はまた、全国の炭素排出権取引市場の建設を加速させ、生態系の炭素吸収能力を向上させ、グリーン低炭素発展のための金融支援特別政策を実施し、炭素排出削減支援ツールを設立することを提案した。

二〇一三年には、国連食糧農業機関(food and agriculture organization)が「畜産業を通じた気候変動問題の解決:排出と削減機会のグローバル評価」という報告書を発表している。同報告書によると、畜産業のサプライチェーンに関連する温室効果ガスの年間排出量は計71億トンの二酸化炭素換算量で、人間による温室効果ガスの総排出量の14.5%を占めている。同報告書はまた、規範管理と先進技術を幅広く采用することで、畜産業の温室効果ガス排出量は最大30%削減できるとしている。これは、養殖業だけでなく、巨大な量の炭素排出量を持っているが、同時に大きな炭素削減の潜在力を掘ることができます。

しかし、養殖業は零細農家が多く、養殖の規模が恣意的であるため、「統計による推定」の方式をとることが多いため、養殖業の炭素排出統計は正確なデータを把握することが難しく、的確な施策を講じることが難しい。

ある証券会社のアナリストは、大規模な養殖企業に対して炭素税を増やし、炭素排出権許可証を推進することは合理的ではなく、個人農家に対する競争優位性を低下させ、同時に生産能力の頭への集中速度を遅らせると考えている。しかし、困難な局面では、唐人神、湘佳株など湖南の養殖企業は、飼料の減量、集中養殖、無害処理、有机堆肥などの様々な方式を使用して、炭素循環モデルを試み、養殖業炭素排出削減の道を模索している。

もあると、専門家は海洋は、公認の地球に最も大規模な炭素庫固炭素能力は陸上生態系の20倍、中国の長い海岸線とりゅう資源をたくさん持つ、大々的に発展できる海洋養殖、遠洋漁業などの激しい、創造的海洋炭素送金と漁業炭素送金し、養殖業低コスト高効率の可能の経路を见せ、速やかに炭素中和する。

物事の始まりが難しい

今年の全国両会期間中、全国政治協商会議委員、湖北省政治協商会議副主席、民革湖北省主委の王紅玲氏は8日、「2020年の中国の炭素排出量100億トンのうち、農業の炭素排出量は約20億トン。さらに重要なのは、気候中立の厳格な目標に沿って、主に農業生産から排出されるメタンや亜窒素酸化物などの二酸化炭素以外の温室効果ガスを考慮し、ゼロにしなければならない。中国で農業の炭素排出削減と炭素取引を行うことは非常に重要で特殊な意味がある」と述べた。

しかし、炭素排出量の大きいこの業界は、多くの難題に直面している。王氏は「現在、炭素排出取引に含まれている業種は火力発電、石油化学、鉄鋼、有色、セメント、熱、航空、建設などで、各方面で農業への関心は少ない。農業における自発的な炭素削減方法論の開発や農業源の温室効果ガス排出のモニタリング、検証技術の導入や研究開発が不十分である。これまでに発表された204件の方法論リストの第12陣では、農業は18件しかない。農業の炭素排出削減プロジェクトの開発と取引メカニズムの設計が不十分で、農業の炭素排出削減と炭素取引がもたらす放射線効果、連動メカニズム、増収メカニズムについての研究が少ない」と述べた。

研究は少ないが、すでに先行研究が行われている。ある農業専門家は証券日報に、「すでに2016年、湖南省の豚の養殖産業について炭素排出量の実態調査を行った。調査結果によると、産業構造によって養殖業の炭素排出統計は難易度が高く、操作性が低い。主な原因は、零細農家が多く、養殖規模がはっきりしないため、炭素排出の主体である養殖集団がダイナミックに変化している上、下流の市場価格の変動、上流の飼料価格の変動、疫病の発生、防疫作業などの要因によって、養殖集団が大きく上下しているからだ。現在の養殖業の炭素排出統計は「訪問統計+経験推定」の手法を採っており、明確なデータが出てこなければ、的確な施策を講じることも難しい。これは現在の養殖業の炭素排出調査と炭素削減作業における最大の難点だ」と述べた。

湖南の存在のような状況だけではなく、証券日報検索cnki中国知網のデータベースで発見し、一部の学者は、江西省、安徽、福建、雲南などに养殖炭素排出や環境への影響研究结论が一致し、普遍は养殖の産業構造が炭素削減が仕事の難易度や操作性を決めた決定的な要因だ。

証券会社の意見では、難しさは、炭素排出量の統計調査だけではなく、現在の産業構造の下では、炭素排出量の削減は、頭の企業を傷つける可能性があります。証券会社のアナリストは「証券日報」に、「現在、豚、生きている牛、肉、羊、家禽、水産の養殖生産能力は非常に分散されており、産業構造は依然として分散農家が多く、炭素削減の任務を負担することができなくても、炭素削減の責任を果たすべき義務を回避し、国はその監督管理のコストが高すぎる。養殖業を炭素削減システムの制約や考慮に入れれば、先頭企業の総合的なコスト負担が増えるだけだ。これは、頭企業の非農家に対する総合的な競争優位性を減少させ、先進的な養殖生産能力の拡張速度を減速させ、頭企業への養殖生産能力の集中にも不利になる」と述べた。

何事も恐れるのは真剣である

このような状況の中で、湖南の養殖業者は待っているのではなく、積極的に乗り出している。唐人神董秘孫双勝は「唐人神は早くから養豚業の炭素削減作業に注目して実施した。豚を生産する全産業チェーン企業として、我々は各段階で炭素削減措置を実施した。上流の飼料の段階で、標准化飼料、口乳、教保料、濃縮料などのこぶしの制品を作ったが、零細農家に比べて、我々の肉比は明らかに低かった。技術を駆使して、4年から5年以内に飼料比を2.2に下げる自信がある。つまり、2.2 kgの飼料で豚1 kgの体重が増える。飼料の消費量が少なければ炭素排出量も減ります炭素排出量を減らすことができますまた、300頭以上の規模の養殖場に飼料製品と科学的飼育を説明し、養殖業者が標準化された飼料を多く使用し、残飯の使用を減らし、養殖過程での肉と肉の比率を確実に下げ、業界全体の飼料消費量と炭素排出規模を減らすことを支援します。」

飼料のリンクだけでなく、炭素削減のチャンスを発掘して、唐人神グループは輸送のリンクも真剣に炭素削減の潜在力を探しています。「真面目が一番怖いから、真面目な人間になりたい」孫双勝氏によると、豚コレラの流行を防ぐために、唐人神は韓国に先進的な養殖生産能力を建設し、水と鉄を連動させる方式を采用し、北朝鮮から仕入れたエネルギー原料、酒粕蛋白飼料、米糠かすなどを海陸連運して韓国地域に輸送し、自動車輸送に比べてコストを節約するだけでなく、炭素排出量も減らした。養殖業の炭素削減作業は、最初は難しく、プロセスは難しいですが、結果は良いと信じています。

3月25日、唐人神集団は陳煥春院士、沈建忠院士、印遇龍院士、趙書紅教授と広州暗物智能科技などのチームと共同で契約し、知能養豚プロジェクトの着地を深く推進した。孫社長は「中流の養殖では、養殖場は知能化技術と自働化設備を采用しており、巡場では人工、ロボット、高解像度の工業カメラなどを組み合わせる方式を采用しており、年間10万頭の養殖場では30人から40人程度で十分だ。養殖場内の温度制御、湿度制御、照明管理、給水、豚の体温度測定などがオートメーション化され、二重感染やウイルス感染を減少させただけでなく、人工作業の強度も低下させた。養殖場全体のエネルギー管理も実現され、炭素排出量も低減された」と述べた。

神は炭素削減措置を実施し、种のグループは、炭素の循環を探索モード。

証券日報把握し、种の神グループ傘下のエリカお客様が実現した炭素を作る循環の果樹園マンション養殖基地、同基地の敷地面積91.5ヘクタール、延べ面積8まん平方メートル、総投資2おく元、事業規模は1.12まん匹、できる年出栏仔猪25まん頭。養殖基地を搭載した日600万トンの下水処理の処理と厩肥工場。下水は嫌気性処理、好酸素処理を経て、基地内で消臭源としてリサイクルし、窒素を含む下水をゼロにしています。豚の排泄物は発酵して有机肥料を形成して地元の農民に供給し、発酵して発生したメタンガスは地元住民の生活に供給し、豚の養殖業の中で炭素排出量を比較的よく特定し、養殖基地や施設で炭素循環を実現した。

唐人神グループの全産業チェーンの炭素削減作業に啓発されて、氷鮮黄羽肉鶏の大手企業湘佳株も炭素削減経路を積極的に模索している。標準化された飼料と集中的な養殖を実施すると同時に、湖南省石門の柑橘農家と協力し、鶏の糞を無害化して有機肥料にし、柑橘栽培基地に供給することで、炭素循環の実現可能な経路を試みている。

ブルーカーボン産業は先行する価値がある

養殖業界の上場企業が産業チェーンの各段階の炭素削減のチャンスを真剣に発掘すると同時に、国内の学者は視線を広大な海に向けた。中国科学院の焦念志院士は、「海洋は地球システムで最大の炭素貯蔵庫で、大気の50倍、陸地生態系の20倍に達する。海洋の有机炭素の95%は溶存有机炭素であり、炭素蓄積サイクルは約5000年である。海洋漁業の生産活動は、水生生物が二酸化炭素を吸収し、海産物を収穫することで二酸化炭素を排出する負の排出効果をもたらす。海洋の炭素吸収源は森林の炭素吸収源に比べて、炭素蓄積量が大きく、蓄積時間が長く、しかも、炭素吸収源よりも経済的な利点がある。」

焦氏はまた、中国には長い海岸線資源と豊かな海洋水域があり、中国も養殖大国であり、養殖面積と生産量は世界トップだと述べた。近代的な立体養殖、深遠海養殖などの重要技術の突破に伴い、広大な海域は巨大な空間的潜在力を持っている。効率の良い種を選別することによって、中国は海洋炭素吸収源の持続可能な成長モデルを構築することができ、ブルーカーボン産業は将来にわたって持続可能である。

3月25日、キバノロ島は投資家への返信で、「専門家の研究によると、海洋の貝藻などの養殖は炭素を除去したり、再利用したり、貯蔵したりすることができる。同社は特有の産業モデルに基づいて、炭素吸収漁業を模索し、低炭素環境理念を実践している。」特筆すべきは、早くも2011年にキバノロ島で海洋貝類生物が炭素を固定する能力を測定したことだ。1匹の海洋貝類動物は全ライフサイクルで30グラム以上の有機炭素を固定できる。

前述の証券会社のアナリストは『証券日報』に青い炭素産業を分析してどのように問題を解決します:「国内の海洋の炭素吸収源、漁業の炭素吸収源の研究は比較的早く始めます。国際国内の学界では、海洋に巨大な生物炭素ポンプが存在し、プランクトン-藻類生物-貝類生物-甲殻類生物-魚類が一緒にこの巨大で精巧な生物炭素ポンプを構成し、空気中から捕獲し、巨大な二酸化炭素を固定することができると考えられている。この生物連鎖から見て、人工礁、貝類、エビ、カニ、養殖魚の純炭素シンクに貢献することができます。その中で、人工の礁だけでなく、近海の生態系を修復することができて、更に「海底植林」の評判があって、今のところ権威のある炭素吸収統計手段と炭素吸収計算方法が不足しています。現在、水中探査手段や観測装備は多く、水中カメラや水中ロボットの開発・生産には多くの企業が携わっています。人工の礁の位置は相対的に固定して、海洋生物の付着と成長の状態はいつでも対照を記録することができて、その炭素シンクの計算方法は炭素シンクの林に比べて比較することができます。国の関系部門と関連企業は人工礁の純炭素吸収源について、中国のブルーカーボン産業が順調にスタートするのを助けることができる」と述べた。

『証券日報』は山河智能から了解したところによると、すでに2010年に、山河智能は湿地掘削機と水上掘削機の開発を始めた。このうち湿地掘削機は大浮力特許技術を采用しており、陸上、湿地軟弱地及び浅い水域での作業が可能である。山河智能新本社ビル前の試験水深エリアで、swe150esd湿地掘削機が掘削試験を行っている。「このswe150esd湿地掘削機は、伝統的な湿地掘削機の革新とアップグレードに基づいています。私達は特殊な湿地掘削機と水上掘削機の開発に長年従事して、制品は国内外で販売して、フィリピンの顧客から好評を得ています。湿地用掘削機と水上用掘削機には厳重な防水措置があり、直接水に入って工事をすることができる。広東、香港、マカオの大湾区は我々のプロジェクト建設の重要な陣地で、当地には長く曲がりくねった海岸線があり、人工礁、マングローブの植林、近海湿地の建設に適している。国の命令さえあれば、我々は準備している」と述べた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です