2021年12月2日

「トランスフォーマー4」のモデルとなった重慶武隆から北京直航便が就航

北京3月30日:「トランスフォーマー4」「満城尽帯黄金甲」などの映画のロケ地、カルスト地形観光区重慶武隆が28日から北京-武隆航路を正式に開通した。武隆とその他の中国大・中都市間の路線も相次いで開通する。

重慶市武隆区は30日、北京で「北京—武隆」航路就航メディアミーティング兼武隆観光促進介介会を開催した。重慶市武隆区委書記の黄宗華氏によると、武隆は重慶南東部の烏江下流のきらめく真珠で、「世界自然遺産」「国家級観光リゾート」「国家全域観光モデル区」「国家5 a級観光地」の4つの看板を持っている。地峡、tiankeng、地溝、洞窟、伏流などのカルスト現象の組み合わせの地質、地形、天生三橋、芙蓉洞、仙女山草原などの景勝地は国内外で有名です。武隆もそのため張芸謀(チャン・イーモウ)、マイケル・ベイ(マイケル・ベイ)など国内外の映画監督や多くのバラエティ番組に出演している。

これによると、仙女山空港は海抜1700メートル、仙女山景勝地に位置しているだけでなく、国内で唯一の5 aクラスの景勝地内に建設された民間空港です。空港は3月28日から正式に北京、上海、杭州、済南、仏山、成都などの中国の大・中都市路線を開設しており、続いて西安、長沙、昆明、合肥などの路線も開設される。このうち武隆と北京間の飛行時間は約3時間で、「午前中は北京故宮を散歩し、午後には武隆で仙女の紅茶を飲む」と簡単に実現できる。

文化観光部産業発展司、北京市文化観光局、重慶市武隆区、中国連合航空有限公司などの単位、および北京の主要旅行会社の代表者の一部が今回のプロモーションプロモーションに出席した。(完)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です