2021年12月2日

「第十四五」末までに中国の再生可能エネルギー発電設備の割合は50%を超える

3月30日ロイター国家エネルギー局新エネルギーと再生可能エネルギー司長李创军は30日、「十三五」をもとに、「十四」の期間に、再生可能エネルギーの年間インストール規模は大幅に引き上げ、インストールの規模が拡大し、「十」の末までの再生可能エネルギー発電インストールなど韓国電力总装机の割合が50%を上回る。

中国新弁公室は30日、中国の再生可能エネルギーの発展に関する状況について発表会を開催した。李氏は、このような質問に答えた。

全体的に見て、「第十四、五」期間の再生可能エネルギーの発展は新しい情勢、新しい任務に直面しており、再生可能エネルギーの発展の境界条件、発展論理及び発展メカニズムに一連の重大な変化が生じるだろうと指摘した。総合的に見ると、十四、五の再生可能エネルギー開発は、次のような特徴を示す新たな段階に入る。

一つは大規模な開発です「第13次五カ年規画」に基づき、「第14次五カ年規画」期間中に再生可能エネルギーの年間導入規模が大幅に増加し、導入規模がさらに拡大し、「第14次五カ年規画」末までに再生可能エネルギーの発電設備が中国の電力設備全体に占める割合が50%を超える。

2つ目は高い割合で発展していることです再生可能エネルギーは、エネルギー消費の続くより向上を占め、「十」の末には、再生可能エネルギーと全社会の使用量增量の比重は3分の2程度、一度はエネルギー消費增量の比重が50%を超え、再生可能エネルギーは従来のエネルギーの電力消費量の増加と、エネルギー消費電力增量の主体になる。

三つ目は市場化です。再生可能エネルギー資源の配分における市場の決定的な役割をさらに発揮し、今年から風力発電や太陽光発電の発展は価格評価段階に入り、財政補助金への依存から脱却し、市場化した発展、競争化した発展を実現する。

第四に、質の高い発展です。「第十四五」では、新エネルギーを主体とする新型電力システムの構築を加速させることで、新エネルギーの消尽と貯蔵能力を向上させ、再生可能エネルギーの大規模開発を実現するとともに、高レベルの消尽利用を実現し、電力の信頼性と安定供給をより強力に保障し、質の高い発展を実現する。

炭素は「我々は未来にいかり定峰、炭素中和の目標を十分に韓国の再生可能エネルギー資源の優位を占め、技術優位を锻長い板、补短い板を固め上げ再生可能エネルギー全体の競争力の核心と競争優位、再生可能エネルギーの優先して発展し、大々的に動揺しないし、発展し、質の高い発展をテーマに浮上し、提质保存を轴に、改革と革新を動力に区域のレイアウトを通じて最適化発展し、重大な基地発展を支えるを通じて、発展モデルの工事が率いるを通じて、定着行動計画を発展を通じて、加速する再生可能エネルギーの代替工程を実施し、再生可能エネルギーの高割合、高品質、低コスト、市場化の発展を促進し、エネルギー供給を保障し、エネルギー・グリーン・低炭素の発展を推進し、二重炭素目標の実現にさらに貢献する。」李創軍はいう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です