2021年12月2日

北京は4月から3つの飲食店を地方基準で実施し、初の標準モデル店を出した

北京3月30日4月1日から、「飲食サービス単位の飲食サービス場所のレイアウト設定規範」「飲食サービス単位の飲食用具使用管理規範」「飲食サービス単位の従業員の健康管理規範」の3つの北京市の地方基準が正式に実施される。今日、北京市場監督管理部門から得た情報によると、房山区にある8つの飲食店はすでに目標を達成し、新たな地方標準の要求を満たす初の標準化されたレイアウトのモデル店として社会にデモを行っている。

「納屋のラット板の高さは?」「洗浄消毒は感覚的検証?」「マスクはいつつけるの?」飲食器具の消毒と清掃をどのように規範化し、飲食従業員の健康をどのように管理するかなどの問題は飲食企業を悩ませており、3つの地方標准の実施は具体的で明確な要求と規範を出して、現存するいくつかの問題を解決した。

『ケータリングサービスユニットケータリングサービスステーションのレイアウト設定仕様』は、ケータリングユニットが自分が経営する内容に応じて、その中から選択して使用することができ、より便利で、正確で、スムーズに新店を開設することができます。同時に、いくつかのレイアウト、設備施設の詳細を明確に要求して、例えば納屋の設置のラット板の高さが60センチを下回ってはならないように規定して、ラットなどの有害生物の侵入を防止します。出前コーナーを設置する場合は、加工・製造コーナーとは分離し、表示しなければならない。

『ケータリングサービスユニットケータリンググッズ使用管理規範』はケータリンググッズの入荷検査、使用、清潔消毒、保存及びメンテナンスと処置を提案し、全プロセスから明確な要求を提出した。

『飲食サービス業従事者の健康管理規範』は飲食業従事者の基本要求、作業服及びアクセサリー、マスク着用及び手の衛生などの全方位に対して規定を行い、専門店や専門区で食品製造に従事する者は必ずマスクを着用し、汚染を厳重に防止しなければならない。

3つの基准は飲食業者の経営、監督者の検査などの面から「標准統一」を行い、市民に安心して食べさせます。

北京市房山区が基準の実施に率先して対応し、管内にはすでに8店舗の飲食店が新基準の要求に積極的に対応している。市場監督管理部門の訓練指導の下、『ケータリングサービス単位ケータリングサービス場所配置設定規範』地方基准の要求に基づき、本チェーン企業の一部の店舗をアップグレード改造した。改造を通じて、新しい地方標準の要求を満たし、北京市初の標準化されたレイアウトのモデル店として社会にモデルを示した。

関連政策の要求を貫徹するために、北京市市場監督管理局は2020年末基準の発表日から、多様な形式の宣伝訓練活動を展開し、標準宣伝の徹底を実現させるという。次のステップで、北京市市場監督管理局は全市の飲食業界の標準化システムの建設を目標に、全市の飲食業界の規範化、標準化、細分化管理を推進する。(完)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です