2021年12月2日

国家エネルギー局、条件のある地域に炭素ダダ登頂を支援

3月30日国家エネルギー局の章建華局長は30日、国家エネルギー局はエネルギー分野の炭素達ピークのカーボンニュートラリー実現の経路と任務の措置を推進し、条件のある地方が率先して炭素達ピークを実現することを支援することを研究しており、この仕事は今から始めなければならず、着手しなければならないと紹介した。

中国新弁公室は30日、中国の再生可能エネルギーの発展に関する状況について発表会を開催した。会議で、「十四、五」は炭素ピークピークの陥落期、窓口期で、国家エネルギー局は炭素ピークの着実な実現を推進するためにどのような措置を取るつもりか。

章建華氏は次のように表明した。2030年の炭素ピークまであと2年、計10年がある。「十四、五」は最初の五年間であり、エネルギー低炭素移行のカギとなる時期でもある。国家エネルギー局は重点的に次の3つの方面から措置を講じ、炭素ピークの仕事を加速して効果が出る。

一つは、非化石エネルギーの開発に力を入れることです。2030年までに非化石エネルギーの一次エネルギー消費比重要度は約25%に達し、風力発電や太陽光発電の設備容量は12億キロワット以上に達する。国家能源局は、より積極的な新エネルギー開発目標を設定し、風力発電と太陽光発電の開発を加速させる。同時に、土地制宜に応じて水力と電気を開発し、安全を確保する前提の下で積極的かつ秩序ある原子力発電を発展させなければならない。同時に、揚水発電、新型発電などの調整電源の建設を加速させ、電力システムの柔軟な調整能力を増強し、新エネルギーの消能レベルを大幅に向上させなければならない。

二つ目は、省エネモデルの推進です。炭素達峰カーボンニュートラルを実現するには、経済社会発展の全面的なグリーン転換をリードするために、重点分野、ひいては社会全体でグリーンエネルギーモデルを推進することが非常に重要です。より厳格なエネルギー消費基準を採用し、工業、建設、交通などの重点産業と分野における非化石エネルギーの代替とエネルギー方式の変化の推進を支援する。新エネルギー自働車、建筑光電一体化などのグリーン用エネルギーモデルの発展を加速させ、暖房、炊事用エネルギーなどの方面の電気エネルギーの代替を加速させ、全社会の電化レベルを向上させる。2025年までにgdp当たりのエネルギー消費量を2020年比で13.5%削減し、gdp当たりのco2排出量を2020年比で18%削減するという目標を達成する。この二つの目標は、「十四・五」ですでに実現している。

第三は、より強力で効果的な政策措置を策定し、実施することである。中央通り、国務省の統一の配置を深く贯中央財経委員会第9回会議の精神、国家エネルギー局は峰推進炭素エネルギー分野を研究しているとはいえ、炭素中和の経路と任務を実現をめぐるエネルギー低炭素の知恵の変形を促進し、新エネルギー質の高い発展、新型の電力システムの建設、新型徐々発展重点任務など、付帯政策措置を制定とともにのよい国と省「十」のエネルギーの计画をつなぎ、仕事の再生可能エネルギーの電力消纳責任を回転アクティブファンド、省エネの削減目標に峰などと炭素计画に定着し、プランの率いる役割を十分に、圧実各各地の炭素排出削减の責任、炭素達のピークを実現するための条件のある場所を支持して、この仕事は今から始めて、着手します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です