2021年12月3日

山西省初の区級観光ビルの運営プロジェクトは約500億元の契約を結んだ

太原3月30日放送:晋源凧、切り紙、晋式刺繍、晋祠桂花元宵などの非遺項目が次々と展示され、玉露香梨、晋祠米などの特色がゲストを引きつけて足を止めて観覧する……山西省初の区級観光ビルが3月30日、太原市晋源区で開業した。

当日に行われた2021年晋サンミョン文化観光誘致ロードショー兼ビルの発足式で、特色の景胜地太山、太原植物園、特色を街に浮かべ、南江市場、アリの云、中国伝統の古村の店头、峪程社、赤橋、美しい田舎赵家山、花の塔、窯頭、トゥルリ坪など事業関連の代表がそれぞれすばらしいプロモーションを行う。ピッチミーティングで契約金額は約500億円。

観光ビルは観光サービス、総合スケジューリング、情報発信を一体化した山西省初の区級スマート観光総合サービスプラットフォームで、省内外、オンライン・オフライン観光サービスの「1つのドア」「1つのネット」「1つのクラウド」を実現する。現在、観光ビルは旅行会社類、観光科学技術類、観光交通類、観光サービス類、文旅革新類企業及び観光協会など50余社の机関に入居している。入居企業は減税と3年間の賃貸料免除を受け、このような引っ越しが実現する。

プロモーション会で、晋源区は観光産業の育成策を発表した。貫徹観光全要素の発展のために、省の「游山西・歴史を読む」特集の定着活動と太原市『現代サービス業の発展を加速に関する政策意見』観光レジャー分野に対するインセンティブを与える浮揚政策の土台の上で、晋サンミョン打ち出した『晋サンミョン「三带六园」の発展の促進财政奖补方法』『晋サンミョン良質の企業の高級人材のインセンティブを与える方法」、新文旅団の集めて性の入居企業が、最高の通り年度区財政貢献額の50%のインセンティブが与えられる。今年度の区財政貢献額が500万元以上の文旅本社企業は、入居した年度の区財政貢献額の10%に応じて一度にインセンティブを与える。

同時に、文化観光業界の先導企業のプロジェクトや発展潜在力の大きい新興産業のプロジェクトや重要なプロジェクトに対して、「一事一議」「一企業一策」を采用し、重点的な奨励を与える。文化観光企業の紹介者を導入し、上限50万元の奨励金を与える。企業の経営者や高級技術者は、最高で年間所得税の実質的な貢献額の80%を個人に支給する。

近年、晋サンミョンをしっかり旅行モデルオーディション創設国全域有利なチャンスを、亲しい「黄河、長城、マシ」の3大観光プレート、核心ノードは文化観光産業の発展と確固たる自信、文脈を結合させ、伝承中華イノベーション一流の文旅団製品、良質の旅行サービスを提供し、始まって読む「游山西・歴史・从这晋源」ブランドを推进し、文旅団大邱ムン旅団の知识人达は、転換を全国の観光地や中转地の集散地。

即し「大生態、文化、観光、大融合」、晋サンミョン建設革新の変形をめぐる先行区、文旅団融合モデル、生態宜居ベンチマーキング区ターゲットを、全力で「三带六园」の建設を推進し、深化体制体制の改革、革新文旅団融合経路、発掘する歴史文化コンテンツ、文を魂、绿を基に、水を脈、ピカピカに山上青山色、卓越文旅団投資環境を目前に観光公共サービス施設の建設を強化し、本格的な観光サービスの質と水準、ナイス晋源歴史文化観光の強みと独特の地位。

テウォンが古市街地、植物園、南江多湖公園、テウォン南江里など、一陣の重大な文化観光事業が着地晋源形成「晋祠率いる、四山映带、レッド連璧、一湖の魂」の文化観光構図を実現が山のよい水「生きて」で、市場の主体の「強」となって、発展する要素が「全て」、文旅団産業の「実」。(完)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です