2021年12月2日

常州の金壇亮氏「雲招商」は中国とドイツの協力が速い車線に入るのを後押しする

常州3月30日報道「わずか半年で、中独(常州)イノベーションセンターにドイツ語圏の企業35社が集まった。中独協力が常州金壇で高速道路に進入している」と述べた。3月30日、常州市金壇区委員会の陸秋明書記は「企業誘致キャスター」となって全世界に企業誘致を呼びかけた。同日、2021中国常州金壇グローバル企業誘致ネットワーク大会が正式にスタートした。

常州とドイツは産業発展において多くの類似点があり、「対標ドイツ」が常州の産業発展の目標となっている。現在、常州にはすでにドイツ資本企業200社余りが設立されており、そのうちシーメンス、ボッシュなど世界トップ500企業が常州に根を置いて発展しており、ティッセンクルップ社は常州に5年間で5回投資し、累計で3億7000万ドルに達している。2020年9月、中独(常州)革新産業園は正式に開園し、「江苏省国際協力園区」として、江苏中独産業革新の核心プラットフォーム、苏南先進製造業産業集積地を作ることを目標としている。

「中独(常州)革新産業園を金壇に置くのは、中独の未来の発展構図から考えたものだ。」陸秋明氏は、金壇氏は国土空間計画を改善し、土地空間資源を確保し、プロジェクト着地のための保障を提供すると述べた。「中徳(常州)革新産業パークの計画面積は27.5平方キロで、金壇はますます多徳資本企業が興業に投資する理想的な選択となっている。」大会のスタートに伴い、「中徳(常州)革新産業パーク云パビリオン」も正式にオープンした。「雲パビリオン」は、実際の人による説明やパノラマ展示などの形式で、来場者はオンライン上でパビリオンの内容を理解することができます。

金壇区人民政府の朱天明副区長は次のように表明した。中外協力団地の建設は金壇の経済発展の重要な手となった。「2020年、金壇地区の総生産額は973億1500万元で、全国100強の新都市区では31位にランクされ、経済総量の伸び率は数年連続で蘇南市のトップ3にランクされた。いくつかのドイツ企業と日韓の大手企業を誘致して、『十四五』のスタートの年に立って、今年のグローバル企業誘致ネットワーク会議は私たちはグローバル企業誘致の『クラウドプラットフォームプラットフォーム』を構築して、終わりのない企業誘致会議を作成します。」それによると、「産業、科学技術人材、本社経済、文化観光、不働産、村の振興」の6つの分野をめぐって、43の重点誘致プロジェクトが発表された。人材誘致、資金支援、科学技術革新などの政策を発表することによって、投資家に金壇のビジネス環境と投資サービスを十分に理解させる。

常州の中独協力が高速道路に進入したことに伴い、ドイツ・ミュンヘンで中独経済フォーラム及び中独(常州)イノベーション産業パーク推進会を開催し、中独(常州)センターでドイツ・ビールフェスティバルを開催し、ドイツ・デュッセルドルフへの訪問など一連の交流活動が今年暗号で行われる。(完)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です