2022年1月28日

清明休暇期間の長大三角鉄道の旅客数は2019年同期の9割以上に回復する見込みだ

【南京3月30日】中国鉄道上海局集団有限公司は30日、今年の清明小連休の長三角鉄道が乗客のピークを迎えると発表した。乗客の流れは2019年同期の95%以上に回復する見込みで、1日の乗車客数は260万人を超えると予想される。

鉄道部門は、今年の清明節の小連休の旅行需要が集中的に出るものと予想している。昨年以降、滬蘇通、塩通、合安、徐連高速鉄道などの新線が開通し、長江デルタの多くの新線の旅客数は持続的に増加する見込みだ。

鉄道部門は、長江デルタ鉄道の旅客は主に観光、帰省、墓参りの流れ、京滬、滬寧、滬杭、甬温、杭黄、寧安、合福、合安、連鎮、滬蘇通、徐連などの高鉄線の旅客や大幅な増加が予想される。4月3日がピークで、300万人を超える見込みだ。

このため、春旅行の輸送輸送力の配備に基づき、鉄道部門はさらに55組の旅客列車を増発して旅客の移動需要を満たす。清明小連休期間中、長江デルタの1日平均運行旅客列車は1300本以上に上り、そのうち高速列車は1100本を超える。(完)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。