2021年12月2日

翁傑明氏:中国地域の国資公企業の総合改革実験は積極的な進展を遂げた

中国国務院国資委員会の翁傑明副主任は30日、中国の地域の国資公企業の総合改革実験が積極的な進展を遂げたと北京で紹介した。

地域の国有企業総合改革実験は中国国有企業改革の重大特別プロジェクトであり、国有企業改革の3年間の行動の重要な改革任務でもある。

2019年7月、上海と深圳が第1次総合改改試験区となり、同時に、沈陽は国家資本公企業の重点分野と重要な一環の改革特別作業を展開するために選択された。

オンジャミン氏は次のように説明した。現在、この改革作業は体制を改善し、構造を最適化し、活力を引き出す上で明らかな効果を上げている。同時に、非公共経済の発展を推進し、異なる所有経済の互恵とウィンウィン、共同発展を実現した。

一つは管資本主の国資監督監督体制の一層の成熟化を推進する上でモデルを作ったことだ。例えば、上海は「直接監督監督+委託監督監督+指導監督」を実施し、直接監督監督する企業の資産、売上、利益の割合は90%を超える。金融、運営、投資の3つのプラットフォーム会社を構築し、「1+3+ n」の国資規制構造を初歩的に形成する。

第二に、国有経済構造調整と国有資本の最適配置を推進する上でモデルを樹立した。例えば、深圳は広東、香港、マカオの大湾区、先行モデル区の建設を中心に、都市の国資サービス機能に立脚し、インフラ・ユーティリティ事業を主体とし、金融及び戦略的新興産業を両翼とする「一体両翼」の国有資本構図を基本的に形成している。瀋陽は歴史の残留問題の基本的な解決を加速させ、工場弁公室の大集団改革を推進し、国営企業の退職者の社会化管理を全面的に完了させ、「ゾンビ企業」を基本的に清算することを実現した。

第三に、市場化経営の仕組みを健全化し、ミクロ主体の活力を引き出した。上海は市属企業の異なる机能分類に基づき、職業管理者報酬制度の改革を行い、「一人一約」で権利義務、業績目標を明確にし、差別化された報酬分配システムを健全化する。深圳では、スマート国資実績管理システムを通じ、国営企業の幹部に対して「デジタル画像」を実施し、市場化された報酬システムの構築を模索している。

第四に、国有経済と民営経済協力のウィンウィン、協同発展を推進する上で重要な役割を果たしたこと。上海フォーカス産業チェーン、バリューチェーンと様々な種類の所有企業の開放型市場化共同再編を実施し、国有企業の管理規範と民間企業のメカニズムの柔軟性の両方の利点を効果的に発揮します。民間企業の流動性問題を緩和する救済基金を設立する。深圳は公企業と民間企業の差別化の位置を的確に把握し、都市基盤サービスの最適化、イノベーション生態系の改善にフォーカスし、民営経済・イノベーション産業の発展を支援する。国資システムが主導して民間経済発展を支援する計画を実行し、千億円規模の安定発展基金を設立し、産業チェーンのサプライチェーンの安定化に助力する。(完)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です