2021年10月25日

華南首家!中国銀行「5 G知能+」湾区館は広州で公開されました。

広州は3月30日に電気で3月30日に、中国銀行の「5 G知能+」湾区館が広州で正式にオープンしました。

華南地区初の総合的な「5 G知能+」シリーズの拠点として、湾区館の敷地面積は約1000平方メートルで、クロスボーダー金融、消費金融、便利金融など12のテーマエリアがあり、5 G通信、クロスボーダーサービスビッグデータ、人工知能、意味分析、生物認識などの新しい科学技術要素を総合的にネットワークサービスに組み込み、「技術応用+サービス体験+サービス体験+」を構築しました。シーンリンク+生態融合”四位一体の知恵サービス体系。

「中資銀行のグローバル化度が最も高い商業銀行として、中行湾区館はクロスボーダーサービスシーンを主軸に、多元化サービスシーンに伸び、知的ネットワークをシーン金融、生態金融の重要な構成部分にすることに力を入れています。」中国銀行広東省支店の孟建宇副社長は述べた。

紹介によると、「5 G知能+」湾区館は業界の種類が最もそろっていて、専門能力が最も強く、科学技術の知能が最も高い「湾区特色のある個人越境サービスセンター」を作り上げることに力を入れています。クロスボーダー金融サービスエリアは湾区全体の館面積が一番大きいエリアです。お客様はクロスボーダー金融の大画面に触れるだけで豊富な情報データを得ることができます。

それだけではなく、住宅購入の決済、住宅販売の決済、給与の支払い、外貨購入の決済などの業務は海外のお客様に都市化された金融サービス体験を提供しています。館内には外貨智取通、政務一体機、香港マカオ通行証のカード開設などの設備を備えています。

湾区館は業界初の5 Gと人工知能技術を利用して点食式金融サービスを実現する銀行網です。現在、館内の大部分のエリアは一体化したスマートフォンと移動式スマートカウンターを備えています。お客様はセルフサービスで業務を行うことができます。「ワンタッチコール」の機能を通じて、「肩並び式」の専門サービスをタイムリーに取得することもできます。(終わり)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です