2021年12月2日

顔情報を盗まれたアルバイトの男は、わけもなく四社の役員だった

誰が私の顔を「盗んだ」のですか?

身元情報を盗まれた疑いも顔認識でアルバイトの男が妙に四社の役員になっている

「顔の情報を盗まれたのではないか」半月前、29歳の袁さんは、自分がなぜか4つの会社の役員になっていることに気がつきました。

2019年5月1日から、山東省に登録する企業は実名検証が必要となり、身分証の提出だけでなく顔認識も必要となる。行政審査当局によると、実名が検証されれば、会社を詐称して登録する問題はほとんどないという。専門家の分析によると、袁氏の境遇は、彼が知らないうちに不法分子に顔識別情報を盗まれた可能性がある。

斉魯晩報・斉魯壱点

陈晨

名義を4社増やした

担当するのは役員です

今年29歳の袁さんは安徽省出身で、江蘇省の建設会社の現場で働いている。

半月余り前、金融関係の友人が袁氏にローン業務を手伝わせてくれた。友人のアドバイスに従って、袁氏はある金融アプリをダウンロードして登録し、テストしたところ、彼が申請できる貸付額は18万元を超えた。友人はこの数字を聞いて、「普通の人が申請できる融資額は数千円だから、数万円でいい」と不思議がったそうです。

友人が袁氏の個人情報を調べてみてびっくりしたが、袁氏の名義には四つの会社があり、彼は代表、監査役、株主を務めている。

商工業情報によると、袁氏が問い合わせた4社の住所はすべて山東省で、うち3社は済南市、1社は棗荘市にある。

「そんな会社は聞いたことがない」袁氏によると、彼はこれらの会社に登録したことがないだけでなく、済南と棗荘に行ったこともなく、またこの2つの都市と何のつながりも生まれていない。

企業の調査によると、棗荘にある会社の設立時期は2007年で、袁氏が監査役を務めているが、袁氏はまだ会社と登記機関に連絡して確認していない。済南にある3社の設立時期はそれぞれ2020年6月2日、3日、5日で、袁氏はそれぞれ監査役、株主、法人代表を務めている。後者2社の役員は、袁氏とヤン氏だ。「ヤン氏は知らない。聞いたこともない名前だ」袁氏は言った。

会社の登録電話は空き番号です

顔情報の盗難の疑い

済南にある3社のうち、2社は済南市高新区にあり、1社は歴城区にあります。斉鲁晩報・斉鲁壱点はそれぞれ2区の行政審査許可部門に電話をかけ、3社の経営者情報が袁氏と一致したことを知った。「俺も電話で聞いたんだけど、住民番号を教えてもらったら、同じだった」袁氏は言った。

しかし袁氏は、これらの会社の電話番号を調べられず、警察に通報した。警察は彼に市場監督、行政審査などの部門に連絡するように勧告した。

その后、済南市歴城区と高新区の関連部門から袁氏に電話があり、そのうちの2社の登記電話番号を袁氏に伝えたが、「電話の案内は空き番号だった」という。斉鲁晩報・斉鲁壱点からも両社に電話をかけていたが、空欄と案内されていた。

「実名認証を実施しており、2020年以降に会社に登録する場合は、来場せずに身分証を提出し、顔認証、携帯電話のサインをすればいいという返事がある」袁氏は、自分の身分証情報と顔識別情報が盗まれたと疑っている。

袁氏は、二度身分証をなくしたことを思い出した。一度目は2013年ごろ、二度目は2019年だった。二度も元に戻らず、いずれも後付けだった。

顔識別情報について、袁氏は、いくつかの場面やモバイルアプリで顔識別を行ったことがあると述べ、「正確な場所は覚えていませんが、会社に登録したことはありません」と述べた。

携帯電話のサインについて、袁さんは「銀行で仕事をしていたときにサインした」と話している。

顔認証生体認証

本人が操作しなければ通過できない

2019年4月28日、山東省市場監督管理局は「企業登録身分管理実名検証の実施に関する公告」を発表した。斉魯晩報・斉鲁壱点が伝えた。公告によると、2019年5月1日から、山東省の全面実施企業身分登録管理実名で検証し、申請者は、山東省の各会社の登録申請機関で、持ち逃げ登録企業や自営業者などの設立前に、まずは検証の身元情報は、実名の検証を通じて几帳面に登録登録関連業務をかける。

済南市歴城区と高新区建市場規制省庁および行政の承認のスタッフによると、2019年5月1日から施行に実名を検証した後、借名の基本起こらない登録会社の場合、「申請者が来ないものの、彼らの身分証を携帯電話に検証が必要で、顔認識や携帯電話の署名、これらは本人の操作をしなければならない、他人を代行するはずがない。」

歴城区行政審査承認サービス局の関係者は、顔認証の際に申請者が首を横に振ったり、まばたきをしたり、口を開けたりといった動作をしなければならない。これらの生体認証行為は本人が行わなければできない。「身分証をなくしても、顔認証の関門を通過することはできない」と述べた。この関係者は、実名検証後、会社名を詐称して登録したという苦情はこれまでなかったと話した。

高新区行政審査審査サービス局の職員は実名検証を実施した后、本人が知らない状況で他人が登録した会社からクレームを受けた。「融資をしたり、カードを作ったり、アルバイトをしたり、他人に騙されて実名検証をして会社に登録した」と話した。

済南市行政審査許可サービス局の関系者は斉魯晩報・斉魯壱氏に、実名検証システムが個別の状況で問題になる可能性があると語った。市庁舎では前の年に数十件の偽装登記事件を処理していたが、今は一件もない」袁氏のクレームについて、担当者は管轄区域の市場監督部に問題を反映し、市場監督部が原因を究明するよう提案した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です