2021年12月2日

4月1日から小型マイクロバスのレンタル運営サービス管理法が施行される

交通運輸部は30日、「小型マイクロバスの賃貸経営サービス管理方法」が4月1日から実施されることを明らかにした。方法によると、小型マイクロバスのレンタル事業者は、車に付随して運転労務を提供することができず、車上員責任保険などの保険の取り扱いを奨励される。

交通運輸部の関係責任者によると、全体的に見ると、中国の小型マイクロバスのレンタルはまだ初期段階の発展段階にあり、法規制度の不備、経営管理の不規範、賃貸人の権益を効果的に保障することが困難などの著しい問題があり、早急に立法を通じて業界の発展を規制する必要がある。

それによると、小型マイクロバスのレンタル事業に必要な条件を明らかにし、レンタル事業者に法人格を取得してもらうこと、レンタル事業に投入する車両は検査に合格してリースとして登録することなどを求めている。

また、サービス項目、料金標准、敷金の受け取りと還付などを賃貸事業者に明示すること。交付されたレンタカーは道路交通安全法に規定された走行条件を満たし、国の関連規定に基づいてレンタカーを検査、維持しなければならない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です