2021年12月3日

万科郁亮:不動産回帰の実業属性は明確な傾向である。

北京3月31日電:万科は2020年度オンライン業績紹介会を開催し、万科理事会の郁亮主席は不動産業界の発展傾向について新たな見方を示した。

郁亮は「三つの赤い糸」と「二つの集中」などの政策が登場し、業界が明確に管理配当時代に入ったことを示しています。配当金管理時代において、業界の最大の変化は家屋の居住属性に回帰し、不動産は実業属性に回帰することである。

不動産が実業に復帰するということは、明確で明確な傾向です。郁亮は、これは業界の見返りのレベルが次第に社会の平均水準に近づくことを意味して、不動産が開発から開発と経営に転向することを意味して、住宅はますます耐久消費財のようになり、開発業務はますます製造業のようになり、経営業務の本質は内容の経営で、ますますサービス業のようになります。

ここ数年来、不動産を捨てて「銀時代」に入るという言葉から、「生きていく」というスローガンまで、万科は外伝に対して慎重と危機感を持っています。昨年、養豚業に進出したというニュース。

万科が3月30日夜に発表した財務報告によると、2020年に万科が営業収入4191.1億元を実現し、上場会社の株主に帰属する純利益は415.2億元で、同13.9%と6.8%伸びた。

業務種類別に見ると、不動産開発及び関連資産経営業務からの営業収入は404.5億元で、95.5%を占めています。不動産サービスからの営業収入は153.3億元で、3.7%を占めています。同時に、万科取得地は依然として積極的で、2020年万科が獲得した新プロジェクトは168個に達し、総計画建築面積は3366.5万平方メートルである。

現在のホットな賃貸住宅において、万科は年報において、中国の長期賃貸マンションブランド「泊寓」を傘下に集めて、国内規模が一番大きく、レンタル率が一番高い集中国式長賃貸マンションのサービス業者となりました。2020年末までに開業規模は14.24万室に達し、年間営業収入は25.4億元で、前年同期比72.33%伸び、全体のレンタル率は95%を超えました。

郁亮氏は、賃貸市場の需要が広く、「中央経済工作会議」、「十四五」計画要綱の中で、賃貸住宅に対して税金、土地、金融から賃貸同権まで全面的に手配しており、紙面は不動産市場よりずっと長い。社会全体がレバレッジに転落したことを背景に、政府は賃貸住宅に対する政策支援を強化しつつあります。これは長期賃貸マンション企業にとって朗報です。(終わり)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です