2021年12月2日

中国の月売上高が15万元を超えない小規模納税者は、4月から付加価値税を免除される

中国財政部と国家税務総局は31日、2021年4月1日から2022年12月31日までの月間売上高15万元(人民元、以下同じ)以下の付加価値税の小規模納税者に対して、付加価値税を免除し、零細企業の発展をさらに支援すると発表した。

国家税務総局によると、小規模納税者は月売上高15万元以下の付加価値税を免除され、納税者が申告すれば受けることができる。これにより、税金優遇政策がすぐに享受できるようになる。

小規模納税者が付加価値税の販売行為を行い、合計月の売上高が15万元(1四半期を1納税期間とする場合、四半期の売上高が45万元を超えない)を超えない場合、付加価値税の徴収が免除される。小規模納税者が付加価値税に課税する販売行為を発生させた場合、合計で月の売上高が15万元を超えているが、今回発生した不働産の販売金額が15万元を超えない場合、商品、労務、サービス、無形資産を販売した売上高は付加価値税を免除される。

固定期間で納税する小規模納税者は、1カ月または1四半期の納税期間を選択することができ、選択した場合、1会計年度内に変更することはできない。付加価値税が適用される小規模納税者は、差額後の売上高で付加価値税を免除されるかどうかを決める。現行規定に基づき付加価値税を予納すべき小規模納税者が、予納地で達成した月の売上高が15万元を超えない者は、当期税金を予納する必要がない。(完)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です