2021年12月2日

中央ヨーロッパの列車が初めてデンマークに直行する

ベルリン3月30日デンマーク駐在中国大使館から30日に知らされたところによると、最初の中欧の列列長安号(西安-デンマーク)はこのほど順調にデンマークのフレデリシア港に到着した。これは中国からデンマークに直行する初の中欧列車だという。

最初の中央ヨーロッパの列車「長安号」(西安-デンマーク)は6日、西安鉄道局新筑駅を出発し、ホルゴス港を通過し、ロシアのカリーニングラードを経て、デンマークのフレデリシア港までフェリーで約9800キロを運航した。この列車の終点であるフレデリシア港は、デンマークのユトランド半島東海岸の中央、小ベルト海峡の北西側にある、デンマークの主要な原油輸入港の一つである。港の近くには海峡大橋がかかってフィヨン島と通じており、ベルト地方の海上交通の要衝となっている。

分かった、今ちょっと班列貨物主から由来华东、華南地区では、品目風力発電機の部品、音響機器、自動車部品や服装、炭素繊維製品などを中心に関わるあまりのブランド、デンマークの家具を含むブランドinventarlandもり)とは風力発電機メーカービスタシャ、ブランド居適家、衣装が速い消绫の皆様、そしてドイツメガワットの風力発電機ベンダーブランドnordex、オーストリアのガスのエンジンの颜はバッハinnio一和品p & g、米国、スペイン的ブランドramonsolerなど。

中欧の列長安号(西安-デンマーク)は陸港集団多聯公司、上海得斯威国際貨運有限公司(dsvpanalpinaa / s)が力を合わせて建設した。デンマークに本社を置くdeswei社は、輸送と物流の世界的なサプライヤーです。鉄道会社のティナ·雍根森部門社長は、中部欧州班列于海运速く、原価以下空輸中欧の間はますます魅力的になった貨物方式で、「中国は、我々の最も重要な市場の一つで、喜んで迎えて初来直行、デンマークの中欧班列班列曲、うまく行点に到着し、各コーナー滑らかに。」

駐デンマーク中国大使館経済ビジネス部の関係責任者は次のように述べた。中国からの初の中欧定期列車——「重慶新欧」の運行開始10周年にあたり、中欧定期列車が初めてデンマークに直行するのは重要な意味がある。フレデリシア港まで運行した後、フィンランド、ノルウェー、スウェーデンなどの北欧諸国をカバーするために配分することができ、中国丹のバンレアの空白を埋めるだけでなく、後続の放射線範囲を拡大し、中国-北欧亜地域の貿易ルートをさらに円滑にすることができる。(完)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です