2022年1月28日

光大銀行の年報が一般市民にやさしい「ブランド品」を発表

3月31日3月26日夜、中国光大銀行は2020年の年次報告書を発表した。同行は「富を管理し、民生に奉仕する」という使命をめぐり、「民生ブランド」を積極的に作り上げ、「一流の富管理銀行」の建設を可能にする。光大雲の支払い光大グループと光大銀行の利便サービスと普遍金融分野のレイアウトの戦略的ブランド品として、中国最大の利便性の支払いプラットフォームの優位性を維持し続けて、すでに成功して国民生活サービスの最前線チームを構筑して、年次報告の期間に明るい目を示しています。

同報告書の期末時点で、光大クラウド決済プラットフォームの累計アクセス利便型決済サービス項目は10,040件で、前年末比2,837件、39.39%増となった。wechat、支付宝(アリペイ)、米団(メイダン)など各インターネットプラットフォームや銀行業界などの575の大型機関に輸出され、同年に160社が新たに設立され、38.55%増となった。直接取引先は5031万9800世帯で、前年末比335.56%増となった。このうち月間アクティブ取引先は1,240.22世帯で、前年末比1,105.05%増となった。納入件数は18億6500万件、納入金額は4,037.63億元で、主要業務指標の年間複合成長率は飛躍的な伸びを見せている。

現在、光大雲有料サービスは発展速度、事業規模、市場占有率などの面で業界をリードしている。水、電気、ガス、暖房、通信、ケーブルテレビの有料代行サービスの全国カバー率は引き続き向上し、政務代行サービスの料金支払い件数と金額は大幅に増加し、2020年にはサービスのアクティブユーザー数が5億人を突破した。プラットフォーム経済規模の優位性を発揮した上で、光大クラウドファンディングはサービスの質と効率をさらに向上させ、運用プロセスを継続的に簡素化し、顧客体験を最適化することによって、クラウドファンディングアプリのバージョン3.0を発売し、ファンディング財布や富財布などのファンディングシーンの金融商品を発売し、「金融+生活」一体化エコシステムを積極的に構築していく。

社会的責任とブランド価値でも肯定的な評価を受けている。オンライン化、便利化の特徴とプロジェクトが多く、チャンネルが広く、体験が良いという利点を発揮して、全国の疫病予防とコントロールのために「外出を減らし、集中を減らす」ことに積極的に貢献した。また、6年連続で発表された「中国国民負担産業白書」では、「人民銀行科学技術発展一等賞」、中国銀行業協会の「最優秀社会責任事例賞」などを受賞した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。