2021年12月2日

北京国際ビッグデータ取引所、データ取引生態圏を造成

北京国際ビッグデータ取引所(北数所)の設立発表会が31日、北京で行われた。北京市経済情報化局、北京市地方金融監督管理局、北京市商務局と北京市委員会ネット通信弁公室などの部門が組織し、北京金融持ち株集団有限公司が発起し、多国間で設立に参加した。同日、北京のデータ取引システムはオンラインになった。

北数所は「データが利用可能で目に見えない、用途が制御可能で計測可能」という新しい取引パラダイムに基づいたデータ取引所で、国内でリードするデータ取引インフラと国際的に重要なデータ越境流通ハブを構築することに位置している。

北京金融持ち株集団の責任者は、北京データ取引システムはブロックチェーンとプライバシー計算技術に基づいた完全チェーン取引サービスシステムで、市場参加者にデータ洗浄、需給調整、法律諮問、価値評価、権利属認証などの一連の専門化サービスを提供すると説明した。

データ取引の生態圏を作るために、北の数社の株主はまた京東デジタル科技控股有限公司、華控清交情報科技(北京)有限公司と北京微芯感知科技有限公司などの技術サポート企業を含みます。今後、北朝鮮のいくつかの大学は越境データの安全な流通を模索し、多国籍企業と国際機関の加入を引きつけ、中国に立脚し、国際に向けた国家級データ資源の流通生態系を構築する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です