2021年12月2日

報告書は2020年の世界経済貿易摩擦の情勢が厳しいことを示している

北京3月31日に発表された2020年度世界経済貿易摩擦指数報告書によると、過去1年間、世界の経済貿易摩擦情勢は深刻だった。このうち、中国と米国の経済貿易摩擦の影響を受け、輸出入制限措置は衝突が激化する状況を示しており、関連企業は国際貿易においてリスクを回避するよう注意すべきだ。

同報告書は中国貿易促進会の経済貿易摩擦法律顧問委員会が発表し、米国、欧州連合、中国、日本、英国など20の国と地域の経済貿易摩擦状況をサンプルとして選び、定量指数の計算と定性研究分析を行った。

報告によると、2020年、世界経済貿易摩擦指数は全体的に波動的で上昇傾向にある。インド、米国、英国、欧州連合(eu)などの国と地域の摩擦指数は上位に位置し、大国間の競争が激化していることを示している。その他の国の経済貿易摩擦は比較的緩やかだ。

中国貿易促進会の経済貿易摩擦法律顧問委員会主任委員である清華大学法学院の張月嬌教授は、covid-19の流行は世界経済の衰退をもたらし、グローバルなサプライチェーンや産業チェーンに衝撃を与えていると分析した。「歴史の法則に基づき、経済不況は保護貿易主義の台頭の主な原因だ。」

世界経済貿易摩擦指数は輸出入関税措置、貿易救済措置、技術的貿易措置、輸出入制限措置およびその他の制限措置を含む5種類の貿易措置の使用状況を発表している。データによると、2020年には20の国と地域で3497件、月平均291.4件の措置が発表された。

このうち、技術的な貿易措置は、より「隠密性」があり、より「監視しにくい」「予測しにくい」などの理由で、最も多く発表された措置の類型となり、全体の46.8%を占めた。貿易救済措置と輸出入関税措置は、それぞれ主要先進国と地域、発展途上国でよく使われる措置となった。

国別では、米国が1位を占め、年間で発表された措置数624件(17.8%)、ブラジルと欧州連合(eu)が2位と3位を占めた。

張月嬌氏は分析報告書を通じて、今後しばらくの間、中国の経済貿易は復雑で厳しい外部環境に直面することが明らかになった。中国企業は主要国の輸出規制と経済制裁の執行の焦点となっており、いかに効果的にリスクを回避するかは多くのハイテク企業が戦略を立てる際の重点考慮事項となるべきだと指摘した。

2020年12月18日、世界経済貿易摩擦指数が正式に公開された。世界の最新の経済貿易摩擦のトレンドをタイムリーに監視するため、世界経済貿易摩擦指数は月次周期で発表される。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です