2021年12月2日

多方面のデータが中国経済の回復の勢いを裏付けている

新華全メディアプラス|多方面のデータが中国経済の回復傾向を裏付けている

北京3月31日報道:多方面のデータが中国経済の回復傾向を裏付けている

陳ウェイウェイ、戴小河

国家統計局サービス業調査センターと中国物流・購買連合会が31日発表したデータによると、3月の中国製造業購買マネージャー指数(pmi)は51.9%で、前月より1.3ポイント上昇した。

旧正月を過ぎて企業の生産が回復に拍車をかけ、3月の製造業景気がはっきりと回復した」と述べた。国家統計局サービス業調査センターの趙慶河(チョ・ギョンハ)上級統計士によると、調査した21業種のうち17業種でpmiが栄枯線以上となり、景気面が先月より拡大した。

3月には、需要と供給が同時に回復した。生産指数と新規受注指数はそれぞれ53.9%と53.6%で、前月の2.0ポイントと2.1ポイントより上昇し、製造業の生産と需要の拡大に拍車がかかることを示した。

注目されるのは、輸出入が景気に復帰したことだ。3月の新規輸出受注指数と輸入指数はそれぞれ51.2%と51.1%で、前月の2.4ポイントと1.5ポイントより高く、輸入指数は近年の最高値を記録した。

赵慶河報道官は、これは主に旧正月以降、国内市場の生産需要の解放が加速した上、世界主要経済体の経済が回復を続けているためだと分析した。

また、大・中・小企業のpmiは52.7%、51.6%、50.4%で、それぞれ前月より0.5ポイント、2.0ポイント、2.1ポイント高く、規模別に生産・経営状況が改善した。

国務院発展研究センターマクロ経済研究部の張立群研究員は、3月のpmiが回復し、13カ月連続で栄枯線を維持しており、中国経済が回復傾向を続けていることを示していると分析した。

pmiだけでなく、最近公開された一連のデータは、今年の景気が好調であることを示している。

1 ~ 2月は、産業や輸出が増加し、投資や消費が回復し、雇用や物価も全般的に安定している。

全国の固定資産投資は前年同期比35%増、社会消費財小売総額は33.8%増、全国規模以上の工業付加価値は35.1%増……最初の2ヵ月間の主要指標は、高成長を示した。

国家統計局の劉愛華報道官は次のように述べた。2020年同期の基数が低いなどの要因の影響を受け、主要指標の前年同期比成長率は高く、基数の影響を除くと、主要指標の増加率は穏やかで、マクロ指標は合理的な区間にある。全体的に見ると、1 ~ 2月の景気は回復的な成長を維持しており、プラス要因は引き続き増加している。

ショベルの販売量は、経済の動きを見る重要なミクロ指標である。

中国工程机械工業協会の統計によると、2月、統計に含まれた26のホスト机械製造企業は、計2万8305台の掘削机械を販売し、前年同期比で約2倍に増加した。

専門家の分析によると、ショベル販売の伸びはインフラ建設の活力を反映し、国内需要の回復を反映している。

中国経済の堅実なスタートは、世界に自信を注入している。

世界3大債券指数供給機関の一つであるftseラッセルはこのほど、今年10月29日から中国国債をftse世界国債指数に組み入れたと発表した。

russell社は、この決定はrussell社の中国市場改革の大きな成果に対する肯定的な評価を反映していると発表した。

アナリストは、国際環境が依然として複雑に絡み合っているにもかかわらず、国際投資家は中国経済の長期的な健全な発展、金融の持続的な開放拡大に自信を持っているとみなしている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です