2021年12月3日

天津浜海新区初の「青年之家・雷鋒駅」がオープン

3月30日、中建二局四社は天津で「青年之家」雷鋒駅の除幕式を行った。イベント会場では、第7回「濱海好人」受賞者の陳娟娟さんがcovid-19の流行に対抗した事績を分かち合いました。会議に出席した指導者は共同で中建二局四社の「青年の家・雷鋒駅」の看板を掲げ、配車運転手、清掃労働者、宅配便の兄など新興分野の青年グループに慰問品を贈呈し、彼らが都市サービスのために努力した努力に感謝した。

中二回四社は、北京、天津、済南、ハルビン、郑州などを相次いで設立社あまりの青年の家・present-holiday麻宫アテナイメージテーマpresent-holiday麻駅、设立の青年の家・present-holiday麻宫アテナイメージテーマpresent-holiday麻駅、ボランティア活動を開始し、積極的なフィードバック社会、勇负担公益責任、屋外の提供者に「冬は汤、夏は冷たい蔭、疲れが休める、遮风避雨」の暖かい心の港湾、現在、累積サービスの約3000万人。また、プロジェクト青年は青年の家・雷鋒宿場を借りて、夢円津城、夢円氷城、夢円泉城サマーキャンプを展開し、「小渡り鳥」たちをプロジェクトに招待して現場建設者である両親と一緒に祭りをする。「いたるところに花が咲く」青年の家・雷鋒駅では、都市労働者たちに「応援」をしている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です