2022年1月28日

江蘇省、プリペイドカード消費に15日間の「冷静期間」を設ける新規制を発表

江蘇省商務庁が31日に伝えたところによると、「江蘇省プリペイドカード管理方法」は4月1日から施行され、その中でプリペイドカードの消費には15日間の「冷静期間」を設け、消費者は支払い日から15日以内に理由なく返金を要求することができる。

経営者と消費者の権利義務が明確になっている。このうち、事業者はプリペイドカードを発行し、消費者は支払日から15日以内に理由なく払い戻しを請求することができ、事業者は商品またはサービスを提供するために発生した合理的な費用を控除することができる。つまり、消費者がプリペイドカードを発行した後、15日間の「クールダウン期間」があり、15日以内に取り消した場合、理由なく払い戻しを請求できる。

新たな規制では、事業者がプリペイドカードを発行する際、リスクの提示や公示、定款の提示、商品とサービス約款の明示的な合意、告知義務の履行、プリペイドカード消費紛争処理機構の設置、虚偽の宣伝をしないようにすることなどが求められている。

法に基づいて経営異常者リストに登録されたり、信用不良執行人などの経営者に対しては、プリペイドカードの発行を禁じている。事業者は、不公正・不合理な取引条件を設定したり、強制的に取引したり、前払金の残額を無償で占拠したりしてはならない。限度額を超過したカードの発行、消費者の払い戻しや損害賠償請求を故意に遅延させたり無理に拒否したり、消費者のプライバシーや個人情報を侵害したり、詐欺などの違法行為に対しては、関連法律、法規、規則にしたがって処理する。経営者がプリペイドカードの情報をきちんと伝えなかった行為は、法律に基づいて信用記録に計上される。

江蘇省商務庁の関係責任者は、同省は将来、省・市・県の3級アプリケーションの単一用途プリペイドカード管理サービスプラットフォームを建設し、プリペイドカード管理の標準化、サービスのスマート化を実現すると述べた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。