2021年12月2日

海南洋浦、「世界貿易商計画」を発表

海南洋浦3月31日報道:海南自由貿易港重点団地洋浦経済開発区は31日、「世界貿易商計画」を正式発表した。

洋浦経済開発区工委の任延新副書記によると、洋浦の「世界貿易商計画」はシンガポールの同名の貿易政策を参考にしたもので、国際貿易企業が洋浦を拠点として世界貿易を展開することを奨励するための優遇政策だという。

その主な内容は、各種の新型国際貿易に従事する世界500大企業を誘致し、自由貿易港に集結させ、洋浦で新型国際貿易業務を先行して試験すること。異なる国際貿易の特徴を結合して、世界の有名な自由貿易港を標准して、国際競争力のある支援策を設計します。公平な申請の通路と効率的な報酬の現金化プロセスを提供する。銀行や企業と連携して、新たなオフショア貿易の経済指標システムを共同で模索する。

海南洋浦経済開発区投資促進局副局長の張良氏によると、洋浦の「全世界貿易商計画」における「全世界貿易商」は、次の条件を満たす必要がある。洋浦で決済される国内調達・販売貿易企業は、年間の国内貿易額が50億元を超えなければならない。洋浦外国貿易統計に含まれた貨物輸出入貿易企業は、年間の貨物輸出入額が5億ドルを超えなければならない。洋浦決算の新型域外国際貿易会社、年度の新型域外貿易額(を含む)が5おく万ドルを超えなければならないかは最近3年間のフォーチュン世界500の企業が入り洋浦設立の一、二、三级の独立系列会社や絶対持株系列(世界500大企業の持分51%および以上)、域外貿易業務なら、その総所得の営業営業所得が占める割合は60%と以上。

同日、海南自由貿易港の「モデルルーム」である洋浦保税港区では「新型オフショア国際貿易先行モデル区」の除幕式も行われた。

洋浦経済開発区工委書記の周軍平氏は次のように説明した。洋浦の新しい海外国際貿易業態は発展の勢いがとても良く、昨年9月に最初の業務を受注した後、年間の海外貿易の累計額は11億3500万ドルに達した。今年1 ~ 2月、洋浦のオフショア貿易は10億7200万ドルに達した。(完)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です