2021年12月3日

雄安新区を探訪:5 gネットワークが建設業界の先行レイアウトの応用を加速

北京3月31日報道雄安新区はすでにデジタル経済革新の高地となっている。このほど雄安新区を訪問したところ、重点エリア、重点シーンはいずれも5 g連続カバーを実現しており、5 g自動運転、5 g電力スマートマイクロネットなど5 g業界の応用は先行して実験し、レイアウトを先行していることが分かった。

中国移動河北绍介会社の関係者は、2017年、初の5 g试验站開通以来、すでに累積、雄安ニュータウン開通5 g基地局には、約500の3県、京雄高鉄、実現市民サービスセンター、了景胜地、栄うどん高速シーンなどに重点の連続で覆われ、及び・鎮と高い業務量の農村の重点に覆われ、これを応用業種の土台を作った。

中国の華能集団雄安分公司では、建物のファサードがカドミウムテルル化ガラスで覆われており、曇りの日でも発電できる。チャイナモバイルはここで5 gスマートマイクロネットを試験的に設置し、電力データは5 gスマートインダストリアルゲートウェイを介してクラウドにアップロードされ、上海の華能本社にある管理プラットフォームでスマートにスケジューリングされます。

中国華能集団雄安分公司企画発展部業務経理の亢猛氏によると、会社の建物内には、エネルギー貯蔵システムを備え、自家発電を実現しており、余った電力はネット販売も可能だという。さらに、スマートマイクロネットシステムは、マイクロ発電所のような建物を接続し、都市のスマート仮想グリッドを形成し、建物の炭素排出量を大幅に削減することができます。

「これまで伝送には光ファイバー網が使われていてコストが高いだけでなく、クロスネットを施工するのが難しかったが、5 gスライシング技術やエッジコンピューティングにより、データアクセスや伝送の問題を効率よく解決できた」と述べています。

現在、雄安はインフラ建設の時期にあり、雄安ビジネスサービスセンター、容東安置区などは工事を急いでいる。

5 gネットワークを支える中国移働の3次元可視化スマートサイトマネジメントシステムは、施工工程に関わる人、机、材料、法、リングなどの要素をリアルタイムかつ動的に収集し、工程の情報化管理レベルを向上させています。

現在、このシステムは雄安新区で京雄高鉄道駅、唐河汚水庫の生態管理、k1速速路、容東安置区市政給水工事などのスマート工事現場プロジェクトに投入され、各プロジェクトに高品質、高基準で雄安新区を建設するよう助力している。

中国移働は雄安新区で5 g自動運転、5 gドローン+ vrライブ中継、5 gスマート工事現場など10件余りの5 gアプリケーションをパイロットした。全国初の都市級iotプラットフォームプラットフォームに位置づけられる「雄安新区iot iot統一オープンプラットフォーム」や、白洋淀生態ビッグデータモデルシステムのソフトウェアプロジェクトも建設中だ。

雄安新区の建設には人材が欠かせない。中移(雄安)産業研究院数智革新部の龍学義監督はインタビューで、研究院は2018年9月に設立され、現在242人、平均年齢は30歳、修士以上の学歴は116人で48%を占めていると述べた。

「我々は現在、雄安新区コミュニティ知能化標準、雄安新区税務ブロックチェーンプラットフォームなどの重点プロジェクトの建設を推進している」と龍学義氏は述べた。

2021年には5 g建設にも力を入れる。河北移働は容東新建設地区の5 g全カバー建設を保障する力を強化し、同時に容西、緑博園など建設地区の5 gネットワークカバーカバーを完了し、新区の新基盤建設を助力する。(完)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です