2021年12月2日

4部門で202021年新エネルギー自動車下郷活動を開始する

中国の4部門は31日、2021年新エネルギー自動車下郷活動を2021年3月から2021年12月まで実施すると発表した。

中国工業と情報化部、農業农村部、商務部、国家エネルギー局の通知では、行事期間は、山西、吉林省、河南、湖北、湖南省、広西、海南省、四川省、山東省、江苏省、重庆と青島などでも、選択4線の開催都市、县区若干の試合において、巡回展、企業活動を行っている。

通知には、参加する自動車メーカーと車種が記載されている。比亜迪、上海汽車、上海汽車、長城汽車など18の自動車メーカーから50車種余りが参加した。

通知によると、各地で新エネルギー自動車の下郷支援政策をより多く打ち出し、新エネルギー自動車の使用環境を改善し、農村の充電・交換インフラ建設を推進するよう奨励している。下郷の活動に参加する企業がより多くの品質と信頼性、先進的な適用車種を研究開発することを奨励し、活動の優遇措置を強化し、アフターサービスの運行・保守サービスの保障を強化する。

中国自働車工業協会のデータによると、今年1月から2月にかけて、中国の新エネルギー車の販売台数は28万9000台で、前年同期比累計で319%増加した。

農村市場での新エネルギー車の普及率が都市部に比べて低く、農村での駐車や充電などの利点があることから、中国は昨年、新エネルギー車の下郷活動を開始し、同年12月中旬に終了するまでの4ヶ月で18万台以上が販売された。(完)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です