2022年1月28日

チベット自治区、全国税収宣伝月間キャンペーン開始

ラサで4月1日4月1日、第30回全国税収宣伝月間の開始式及びチベット税企業の共同インタビュー活動がラサで行われた。

国家税務総局西蔵自治区税務署党委員会委員、総経済師の李建群氏によると、今年の税収広報月の活動テーマは「税収が民に恩恵を与える実事深化改革新局」で、経済発展の情勢に合致し、当面の税収発展のニーズにも合致する。今回の広報月間活動では、「改革の深化、法執行の改善サービスの最適化」シリーズの広報活動、122条の民間の税金支払いサービス措置の広報、「全面的小康を決定する『税月』の物語を語る」及び「開放国際ウィンウィンを助力する」キャンペーンなど、形態が多様で内容の豊富な活動が展開される。

招かれた側として、国網西蔵電力有限公司財務部の付莉主任は、近年、税務部門の支援、指導の下、国網西蔵電力全域で各納税主体が納税義務を積極的に履行していると紹介した。関連する主な税種は:付加価値税、企業所得税、箇人所得税、都市建設税、教育費付加税、印紙税、自動車船取得税、都市土地取得税などを含みます。2020年には、会社の全口径の納付税は計0.77億元(人民元、以下同じ)で、付加価値税が0.34億元(主に子会社、県会社が納付)、都市建設税と付加税が0.07億元、企業所得税が0.15億元、印紙税が0.07億元、都市土地取得税が0.03億元である。

「第13次五カ年規規」期間に、チベット全域の税務システムが組織税収入を累計1721.38億元とし、チベットの発展のために資力の保障を提供したことが明らかになった。新たに減税・減費が1051億元に達し、市場主体の活力をさらに引き出し、経済の質の高い発展に強力なエネルギーを加え、減税・減費政策を着地させた。(完)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。