2022年1月28日

中国製造業の中長期融資の伸び率は16カ月連続で増加している

製造業の中長期融資の伸び率が16ヵ月連続増加

北京4月1日報道中国人民銀行金融市場司の鄒瀾司長は1日、多くの措置を並行して実施することによって、中国製造業の中長期融資が大幅に増加したと表明した。2月末現在、製造業の中長期貸出残高は5兆6200億元で、前年同期比38.8%増となり、16カ月連続で増加している。

鄒瀾副会長は同日、中国新弁公室で行われた記者会見で、中央銀行は中国の製造業投資の低迷現象に注目しており、これは多方面の要因によるものだと述べた。国家政策の強力な支援の下で、ハイテク製造業の投資の伸び率は比較的速いが、割合は比較的限られている。また、一部の製造業では軽資産化が進んでおり、工場設備の購入から賃貸への切り替えや、共有制造の新業態が進んでおり、企業の投資ニーズに大きな変化が生じています。

「外部の経済環境と流行の影響を受けて、製造業企業の流動性資金は緊張して、融資は主に流動性資金需要を満たすために使用され、企業の投資能力と投資自信は回復する必要があります。」製造業の質の高い発展をサポートするために、近年人民銀行はマクロの慎重な評価を強化し、政策の協調と協力を強化し、他の金融管理部門とともに、多くの措置を講じて製造業の中長期貸出の大幅な増加を推進しており、金融が製造業をサポートする効果が徐々に顕在化している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。