2021年10月25日

中央銀行:すべてのローン商品は年利率を明示しなければならない。

中央銀行:すべてのローン商品は年利率を明示しなければならない。

ローン機構は日本の利率だけを紹介して、年化利率を口をつぐんではいけません。

「日金利万分の二、一万日の利息を二元だけ借りる」ということで、今後は日金利だけを紹介し、閉口して年金利を上げないという宣伝文句で営業を行うことができなくなります。

3月31日、中央銀行はローン市場の競争秩序を維持し、金融消費者の合法的権益を保護すると公告しました。

貸付機構のマーケティングにおいて、年利率を明らかに示すべきである。

公告要求では、すべてローン業務に従事する機構は、ウェブサイト、モバイル端末アプリケーション、宣伝ポスターなどのルートで営業を行う場合、明らかな方法で借入人に年利率を展示し、貸付契約を締結する時に明記し、必要に応じて日利率、月利率などの情報を同時に展示することができますが、年利率より明らかなものではありません。

中央銀行によると、ローン業務に従事する機関は預金類金融機関、自動車金融会社、消費金融会社、小額ローン会社、及びローン業務のための広告や展示プラットフォームのインターネットプラットフォームなどを含むが、これらに限らない。

ローンの年利率は複利または単利で計算できます。

公告要求によると、ローンの年利率は借手から徴収したすべての貸付コストと実際に占用した貸付元金との比率で計算し、年化された形式に換算しなければならない。その中に、ローンのコストは利息とローンと直接関係がある各種の費用を含むべきです。貸付元金は貸付契約またはその他債権証憑に明記しなければならない。分割払いで元金を返済する方式を採用する場合は、毎期の返済後、残存元金で実際に占用された貸付元金を計算しなければならない。

公告によると、ローンの年利率は複利または単利の方法で計算できます。複利計算方法はすなわち内部収益率法です。単利で計算する方法を採用したのは、単利であると説明すべきです。

中央銀行は民間の貸付を奨励してもこの公告を参照して執行します。

内部収益率法を採用して、年化利率を計算するのは公正です。

中央銀行は今日発表した公告で、内部収益率法を用いてローンの年利率を計算することを添付の形式で示しました。

中央銀行によると、ローンの年利率を計算するのは比較的公平な方法で、借り手の借入元金、毎期の返済金額、貸付期間数などの要素に基づいて、複利後に算出される年度化内部収益率(IRR)を考慮するという。添付ファイルは三つのよくあるローン商品に対して具体的な例を示しました。

第一種類は期限が切れたら、一度に元本を返して利息を支払う製品です。借り手はローンの満期日に一度に元金を返済し、利息を支払う。例えば、あるローン商品は期限が2年で、元金は10万元で、2年後に借り手が1回で元金を返して11万元を支払う。上記のローンの年利率は約4.88%です。

第二種類は分割払いタイプです。借り手は返済期間内に、毎号一定額の元金を返済し、実際に占用した元金が当該期間に発生した利息を支払う。等の元利または同額の元金方式で分割払いする商業的個人住宅ローンなど。例えば、ある個人の住宅ローンは、期限は20年で、月ごとに返済し、合計240回で、元金は100万元で、同等の元利方式で返済します。返済計画によると、借入後の最初の月末から、借り手は毎月同じ額で元利を6599.6元返済する。上記のローンは単利で計算した年利率は約5%です。IRR方式で計算した年利率は約5.12%です。

第三類は有料の製品です。借入人は、借入金の当期において、一時的に手数料等の貸付に直接関係する費用を支払うとともに、返済期間内に一定額の元金と費用を分割して返済する必要があります。例えば、ある消費金融会社のローンは、期限は1年で、月ごとに返済し、合計12期で、元金は10万元です。返済計画によると、借り手は借入当期に1000元のサービス料を一括して支払い、そして借入後の最初の月末から毎月の均等額は8833.3元を返済します。そのうち、元金は100000/12=8333.3元で、割賦費(初期貸付元金の0.5%で計算します)は100000×0.5%=500元です。上記のローンは単利で計算した総合年利率は約12.80%で、IRR方式で計算した総合年利率は約13.58%です。

関連

貸し唄と微粒子貸付はすでに年利率を示しています。

調査によると、銀行の各種ローンは一般的に年利率を展示していますが、ここ数年新興のインターネットローン機構は営業の時に日利率を強調して宣伝しています。万分の二から万分の五の日の利率は、お客様の直感的に金利負担が低いと感じられますが、実は銀行の消費ローンより大人の利率が高いです。しかし、大人の利率を自分で換算して三軒を売る人は少ないので、「うっかり」して貸してしまいました。

昨日、北京青年報によると、アリペイの貸し唄とWeChat決済におけるマイクロバンクの「微粒子貸付」はすでに年利率、日利率、両者の転換式を同時に展示しており、貸し唄と微粒子貸付はみな単利で計算した年利率であることがわかった。

読者の王さんの貸し唄は「年利率は9.25%で、日利率は非常に2.5%(年利率=日利率×365)」と表示しています。彼女の微粒子ローンは「年利率10.95%、日利率0.03%(年利率=日利率×365)」と表示しています。

本グループの文/本紙のプログラム

中央銀行は三つのよくあるローン商品について具体的な例を示します。

第一種類:満期になったら一度に元金を返します。借り手はローンの満期日に一度に元金を返済し、利息を支払う。

第二種類:分割払い品。借り手は返済期間内に、毎号一定額の元金を返済し、実際に占用した元金が当該期間に発生した利息を支払う。

第三類:有料の製品。借入人は、借入金の当期において、一時的に手数料等の貸付に直接関係する費用を支払うとともに、返済期間内に一定額の元金と費用を分割して返済する必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です