2021年12月3日

外資系金融機関の配置は「早送りキー」を押します。

北京は4月1日にニュースで4月1日、「全国範囲内の基金管理会社の外資系株式制限の撤廃」政策が着地して一年になりました。年来、外資ファンド、証券会社などの資本管理機構は中国市場の配置に対して引き続き加速しています。同時に、富時羅素国が中国国債を旗艦指数に組み入れるにつれて、わが国の債券市場の開放の進展は同様に顕著である。業界関係者は、対外開放は中国市場の取引スタイル及び機構の専門レベルに有益な影響を及ぼすと指摘しているが、開放とリスク防止の関係を統一的に配慮しなければならない。

外資が加速して中国市場を配置する

3月30日夜、モルガン・スタンレーの華鑫基金の株式譲渡が新たな進展を迎えました。華鑫株式公告によると、全額子会社の華鑫証券が持つモルガン・スタンレー華鑫基金の株式を36%譲渡することに同意した。今回の譲渡は譲受人を明確にしていませんが、49%の株を持つモルガン・スタンレーの大体の比率は「受け皿」という部分の株式を持つと業界では一般的に言われています。上記のような取引が成功すれば、同社はモルガンファンドに続いて国内第二の外資絶対ホールディングスとなる。

2020年4月1日に中国が証券会社、公募基金会社に対する外資持株比率の制限を正式にキャンセルして以来、中外合資基金会社は急速に発展してきました。中国基幹協会のデータによると、2021年2月末までに、中国国内には基金管理会社が133社あり、そのうち、中外合資会社は44社と33%を占めています。不完全な統計によると、この44の外資系ファンド会社のうち、15のファンド会社の外資持ち株比率は49%以上に達しています。

多くの外資大手も積極的に中国の公募基金の免許証を申請しています。昨年8月、初の外資独資公募基金管理会社のベレドファンドが正式に承認されました。昨年から現在に至るまで、ルーマニア、フタダ、シュレーダーなどの資本管理大手も相次いで公募基金の免許証申請を提出しました。

近年、中国の金融市場が対外開放を拡大し続け、外資が中国市場の見通しに対して楽観的であることに伴い、多くの外資金融機関が中国市場の配置を加速している。3月15日、国家エネルギー集団資本持株有限公司と広東省交通集団有限公司がそれぞれ保有する1.99%と14.01%のみずぎ証券株式は北京財産権取引所で正式に譲渡されました。UBSグループは上記の持分意向の譲受人であり、譲渡が成功した後、持ち株のあるみずほ証券は67%まで増加します。公開情報によると、証券監督会が認可した外資系ホールディングスの数はすでに8社。

外資系機関は中国での取り組みを加速しており、金融機関の数だけでなく、中国市場に対する影響も一段と深まっている。経済学者、允泰資本創始パートナーは立春に「経済参考報」に対し、以前の「炒題材」「炒概念」と違って、我が国の資本市場の国際化傾向はここ数年来ますます顕著になりました。大きな変化がありました。

中国銀行研究院研究員の范若さんは、外資系金融機関が中国市場への進出を加速させる一方、わが国の現在の金融供給の不均衡、不十分な問題の改善に役立つと述べました。サービスの革新。

金融市場の開放は着実に進められている。

外資系金融機関が「早送り」のボタンを押すとともに、わが国の株式金融市場の開放も着実に進められています。株式市場では、上海株式通、深株取引が引き続き活発化している。同フラワーアレンジメントのデータによると、今年3月31日現在、北からの資金取引額は72000億元を超え、第一四半期だけのデータは2018年と前の五年間の通期データを超えている。2016年以来、北から資金の純流入は全体的に増加傾向を維持している。

債券市場の面では、3月30日、世界3大債指数の供給機関の一つである富時羅素が、今年10月29日から中国国債を富時世界国債指数(WGBI)に組み入れると発表しました。これにより、中国債はすでに「集齐」されています。市場機関の試算によると、今年10月からWGBI指数に組み入れられた後の1年間で、中国国債は1300億から1560億ドルの受動資金を獲得して流入します。

中国資本市場の開放について、証監会の易会満会長はこれまで中国発展ハイレベルフォーラムで、政策は所定の位置につき、効果は良いと述べました。市場、製品の相互接続を問わず、業界機関の株比率と業務範囲を全面的に開放するか、それとも国境を越えた投資融資制度の手配か、参入前の国民待遇と負のリスト管理要求を全面的に実行した。中国資本市場の魅力は強いです。外資も良いリターンを得ました。次に、資本市場の対外開放を堅持し、機構の設置、業務の開始、製品の開放的な支持を持つ。

集まる資本の創始者、社長の梁輝さんによると、現在の環境下で外資の持ち株比率が開放され、一方で中国の金融システムの改革開放が持続的に推進されることを代表しています。彼のビューでは、金融システムの国際的な統合の傾向は間違いなく、外資の参加は、国内の金融商品の多様性を高めるために役立つだろう、さまざまな顧客層のニーズを満たすために。しかし、過去の業績から見れば、国内の私募ファンドの業績は現在国際ファンドより優れており、外資が中国市場に進出した後も、中国の国情を理解し、国内におけるブランドの知名度を構築し、実績を蓄積する必要があります。

専門家は同時に、将来の金融業の開放は開放とリスク防止の関係を統一的に案配し、外資の「大進大出」を防ぐことが必要だと提案しました。立春によると、当面の国際環境では、金融リスクの予防をより高い優先度に置くべきだという。多国籍資本の流動が強すぎて、集中しすぎると、国内市場の安定性に影響を与えます。したがって、金融業界の開放面では、引き続き着実に推進していく必要があります。

范若龚は、越境資本の流動に対する巨視的慎重な管理を強化し、越境資金の流動に対する監視、分析と早期警戒を強化し、貿易、投資背景の審査をしっかり行い、短期越境資本の異常な流動を防止・抑制しなければならないと提案している。同時に、より高いレベルの開放に適応した金融監督管理システムを構築し、ボトムラインを守り、システム的な金融危機の発生を回避する。(終わり)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です