2021年12月2日

学区の住宅管理は教育の公平性を試す

学区の住宅管理は教育の公平性を試す

ヤン肖鋒

2021.4.5総第990号『中国新聞周刊』

最近、深セン、上海などの都市では、学区と入学制度の改革が相次ぎ、学区の部屋が再び脚光を浴びている。しかし、厳しい分譲規制を前にしても、優良学区住宅の価格は「マイペース」のようだ。報道によると、深圳学区のマンション価格は依然として高止まっており、中古マンションの場合、基準価格は平方メートル当たり98800元に達するという。

一方、北京海淀区住宅管理局連合区市場監督管理局は上地、万柳など地域の住宅取引仲介機関に対して法執行検査の力を強化し、学区の住宅概念の操作、住宅価格の上昇、住宅所有者の書面許可を得ていない不動産業者の委託などの違反行為について調査・証拠調査を行った。現在、区不動産管理局は134軒の仲介業者の店舗を検査し、53軒の不動産情報を削除した。海淀区不働産管理局は、2019年1月1日以降、海淀区で新たに住宅不働産証書を取得して入学を申請する住宅は、もはや1校に対応せず、複数校の割り当てを実施し、学位の状況に応じて割り当てて入学することを通知した。

少し前、上海の新政策は、全市の最高の高校は入学定員の大部分を出し、全市に向けて、統一と公平に配分するよう規定した。各地区に割り当てられた定員を中学受験者数に比例して各中学校に配分することで、各地区と各学校が重点高校の定員を確保し、中学受験者数が多い校ほど重点高校の定員が多くなる。しかし、上海の今回の高校入試改革は依然として「遮断の頂点」であり、重点学校の資源集中化をさらに加速させ、学区の住宅熱をある程度抑えたものの、問題を根本的に解決することは難しい。

学区の住宅熱を抑える根本的な動きは、教育資源の均衡化をさらに推進することにある。このうち、人気のある学校と環境の弱い学校を、ほぼ均等に同じ学区に分け、「自主志願+コンピュータサイン」でどの学校に進学するかを決める「マルチスクール」は有効な政策手段だ。教育資源の均衡化をある程度推進したが、多くの問題と抵抗にぶつかって遅々として進まなかった。このため、「多校分割」が北京、成都などの都市で推進されて以来、学区の増加を抑えることはできなかった。

学区の部屋の難題を解決して、短期的には行政手段が調節することができて、「多くの学校は片を塗る」ことができて、全市に入学することができて、加熱する学区の部屋を冷却することができて、長期的にはすべての子供に同等の教育資源を享有させなければならない。

学校難は他の国でどう解決するのか。日本では基礎教育を平等にする。異なる学校のハードウエア施設の全国統一標準配置、教育費の配分のバランス、都市と農村の教師の待遇の一貫性を保証します。教員の均等性を担保するために、教員は数年勤務した後、他の学校にローテーションされ、校長も定期的に配置されなければならない。僻地の学校や恵まれない家庭にも良質の教師が与えられるという意味だ。

基礎教育資源の配分が合理的かどうかは、その国の教育の公平性と社会の公正性に直結する。教育の公平化と公平化は、チワ親の悩みであり、時代の声であるだけでなく、社会の活力であり、国家競争力の鍵でもある。

確かに、中国には独自の国情がある。したがって、教育公平問題の解決は一筋縄ではいかず、一括して堅牢かつ困難な改革を行う必要がある。教育をどう変えるかという大きな方向は、次の世代の心身の健康と能力の育成に注目し、未来を与えることである。教育改革は学区の混乱から始めるべきだ。

『中国新聞周刊』2021年12号

声明:『中国新聞週刊誌』の原稿を掲載するには書面による許可が必要である

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です