2021年12月2日

広州南沙、日系企業59社との産業協力を深める

広州4月1日報道:「近年、広東、香港、マカオの大湾区の建設は日本企業の幅広い注目を集めており、南沙区は中国国内で最も開放度が高く、経済活力が最も強い地域の一つとして、すでに多くの有名日系企業がここに投資・興業している。」在広州日本国総領事館の大聖寺利幸副総領事はこのほど「第2回日中未来フォーラム-広東・香港・マカオ大湾区」でこのように語った。

同フォーラムは「ポストウイルス時代における日中経済及び産業協力の未来を探る」をテーマに、「オンライン+オフライン」連動方式で広州南沙で開催された。一人の有名な日中企業、金融機関などの代表は大湾区建設の背景のもと、両地の未来の経済貿易、産業協力をどのようにさらに深化させるかについて深く検討を行った。

共通認識を共有し、自信をつけて共通を求め、相違を残して交流を促進する

大聖寺利幸氏は主催側代表として、今回の日中未来フォーラムの開催を通じて、日本企業と中国企業が交流し、新しい友人と出会い、新たな収穫を得て、新たな協力を得たいと述べた。

「南沙と日本は車と縁が深く、広汽豊田、南沙電装などの日系企業が自働車製造業を支援して南沙の柱産業になる。」南沙区の阮暁紅副区長は次のように指摘した。南沙地区にはこれまでに名幸電子、広州jfe鋼板、三菱重工など59社の日系企業が集積し、南沙地区の経済、産業の高品質な発展に大きく貢献しており、南沙地区と日本の協力はより頻繁に密接になっている。

「地域包括的経済連携協定(rcep)」が2020年に正式に調印され、中日が初めて自由貿易関係を結び、中日協力はより大きな発展のチャンスを迎えている。

グエン・シャオホアン大使は次のように表明した。今回のフォーラムは現在の経済のホットスポットと共通の関心を持つ経済貿易協力の話題を引き締めることで、これは双方が共通認識を凝集し、自信を強化し、協力を深め、感染後の時代の挑戦に共同で対応するために、非常に重要な意義を持つ。

基礎を固め,科学技術を強化し,産業協力を新たな段階に進めるよう促す

「南沙は高速鉄道、高速鉄道、地下鉄、港湾などのインフラを備えており、製造業にとって立地の優位性は非常に優れている。」電装(広州南沙)有限公司の池戸千宏社長によると、過去2回の増資で生産を拡大し、南沙電装の売上高は年間約50億元と順調に伸びている。第二工場では、南沙電装にエレクトロニクス製品を加え、25年までに年商100億元を目指す。

これまで、日本の産業界と南沙は車が縁を結び、良好な協力基盤があり、ますます多くの日系企業が南沙に投資し定住することを選択してきた。池戸氏によると、新冠の流行は多くの日本企業に大きな影響を及ぼしており、南沙区政府が南沙電装に提供した援助は「山川異域、風月同天」の完璧な例証といえる。

現在、南沙はイノベーションチェーンと産業チェーンの融合に着手し、aiとデジタル経済エンジンのサポートを強化し、より競争力のある現代産業システムの構築を加速させている。

ので、南沙自動車製造業は広汽トヨタをヨンドゥや新エネルギー、智能网联自動車を広げる方向、広汽トヨタが四、五期、恒大新エネルギー車、慶盛自動運転を1次テスト基地と知恵の交通産業団地など重大プロジェクトの建設を加速させ、「完成—新エネルギー車の開発・自動車部品製造基地—知能网联自動車」=級の自動車産業クラスターが次第に成形して。

今回のフォーラムをきっかけに、南沙は日本各界の友人と交流を深め、相互の友情を増進させ、また産業協力をリードし、先進製造、戦略新興産業、金融サービス業及び運輸物流業などの産業分野で南沙と深い協力を強化し、南沙と日本の財界の協力が新たな段階に進むよう推進していく。(完)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です