2021年10月25日

最初の全国農機使用現場の「土地専門家」が発表した

最初の全国農機使用現場の「土地専門家」が発表した

科学技術日報北京3月31日31日、農業・農村部はこのほど「全国の農機使用現場の「土地専門家」リスト第1陣のリスト発表に関する通知」を発行し、北京市房山区の竜長慶氏など306人が第1陣の「土地専門家」に選ばれたことを明らかにした。

今回選ばれた「土の専門家」は、農村に長期的に根を置き、農機使用の現場に従事し、農機の研究開発、技術普及、作業サービス、社会化サービス組織管理などの方面で豊富な実践経験を持っているという。

「通知」を要求した農業農村の各部署が、一線を十分に农机「土专家」の役割をし、励まし支持から农机具革新、受け农机化技術開発を広めるなどの種目、参加农机化発展計画計画と重大決定コンサルティング、领办設立农机サービス機構、农机化学会参加者協会の団体、申請农机化方向評定使用などの面で大きく育て、大々的に农机化づくりに一線の実を生産、英才、いろんな、休むの良好な環境、「土の専門家」が農業機械化の全過程と高品質の発展プロセスを推進する中で上流を争い、模範を示し、新しい功を立て、農業機械の実用型人材「頭雁クラスタ」効果を形成し、農村の農業機械化人材チームの建設をお手本として導いていく。

一方、農業・農村部はまた、中国農機化情報網と全国農機化科学技術情報交流プラットフォームにコラムを開設し、全国の農機使用現場の「土地専門家」リスト情報を発表する。社会各界はサイトにアクセスして「地球専門家」リスト情報を調べ、プラットフォームのスタッフに連絡して「地球専門家」に対して仕事を展開することができる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です