2021年10月25日

江西省は「数治税」を積極的に推進2025年までに「知恵税務」をほぼ完成

南昌4月1日報道1日の記者会見で江西省は「以票管税」から「以数治税」に分類される精密規制への移行を実現し、2025年までに強力な「知恵税務」を基本的に構築することが分かった。

国家税務総局江西省税務署一級監察員の黄正遜氏によると、同省は「データの効果的な割り当て」に焦点を当て、「数で課税する」ことを強力に推進している。2022年に法人税情報は「家族式」、自然人税情報は「1人式」、2023年に税務機関情報は「1局式」、税務関係者情報は「1人式」の知能化を基本的に実現することを目指す。2025年に税務法執行、サービス、監督管理とビッグデータの知能化アプリケーションの深い融合、効率的な連動、全面的なアップグレードを実現する。

インボイスの電子化改革の推進において、江西省は2021年に全国統一の電子インボイスサービスプラットフォームを構築し、24時間オンラインで無料で納税者に電子インボイスの請求、発行、交付、検査などのサービスを提供する。また、社会保険料の徴収や不動産取引、不動産登記などの課税にもブロックチェーン技術を活用することを検討しています。

「昨年以来、江西省税務署は『1庫1局2プラットフォーム』を開発・建設し、デジタル税収情報化生態系が初歩的に形成された。」江西省税務署はビッグデータのスマートサービスプラットフォームを構築し、11の業務システム、第3者及びインターネットのデータシート7050枚、データ113億件を集め、463の機能モジュールを開発し、税収管理、減税、コスト削減及び経済大局にサービスする。黄正遜氏は次のように述べた。

同時に、江西省建設の多元化の支払いチャンネル。電子税務署の「非接触式」課税機能モジュールを最適化・拡充し、2020年には江西省の主な課税事項のネット運営率が83%に達し、ネット納税申告率は98%に達した。

また、「金税第3期」情報システムに基づき、江西省は納税サービススマート管理プラットフォーム、租税リスク管理システム、徴収品質5 cモニタリングなどのシステムを構築し、モニタリング、早期警報、送り込み、改善、評価の閉ループ管理を的確に実施している。

黄正遜氏は次のステップで江西省はマイクロ電子対話プラットフォームを最適化・向上させ、2022年にビッグデータを法に基づいて運用し、優遇政策情報を正確に推進する。関連税種の総合申告とシーン化課税を推進し、2023年に情報システムがデータを自動的に抽出し、税額を自動的に計算し、自動的に埋める確認式申告を基本的に実現する。(完)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です