2022年1月28日

青山さんに元気を出して、減税で安く「堅菜」を出す

北京4月1日放送題:助力青山常在生気あふれる,減税減費又上「堅菜」

劉紅霞

4月1日から、税制優遇政策の「オンライン」の波が押し寄せる。

小規模納税者の付加価値税の賦課点を現行の月売上高10万元から15万元に引き上げた。輸送設備、電気機械、計器類、医薬、化学繊維などの製造業を先進製造業の付加価値税控除の対象にし、付加価値税控除額を月単位で全額還付…一連の実践的な手の強い手の秩序を出して、広大な市場の主体の青山常在を助力して、生き生きとしています。

3月31日に開かれた国務院常務会議は、今年4月1日から来年末まで、零細企業、自営業者など小規模納税者の付加価値税の賦課点を現行の月売上高10万元から15万元に引き上げることを決定した。

引き上げるということは、条件を満たす納税者の税負担が減ることを意味します。

月の売上高が15万元以下なら税金がかからないのではないかという疑問がある。そうとは限らない。ここで言うのは付加価値税で、所得税などは関系規定によって納めなければならない。

今回の国務院常務会議は、所得税の面でも好材料となった。

会議では、今年1月1日から来年末まで、中小企業と個人事業者の年間課税所得額が100万元未満の部分について、現行の優遇政策に基づき、所得税をさらに半分に徴収し、実際の税負担をさらに下げることを決定した。

「これらの政策は、零細企業や自営業者に対する正確な点滴灌漑だと言える」。北京国家会計学院財政税政策及び応用研究所の李旭紅所長は、これは中国政府がいくつかの段階的な政策を調整すると同時に、「急旋回」をせず、市場主体に対して「馬を出し、一歩を送る」ことを示すものだと述べた。

注目すべきは、4月1日から輸送設備、電気機械、計器類、医薬、化学繊維などの製造業を先進製造業の付加価値税還付対象に含め、付加価値税還付額を月単位で全額還付することだ。

「本当に朗報です!」四川省徳陽和研科技有限公司の責任者、謝如意氏によると、企業は当初、非全額残留税還付政策を受けていたが、今は月額全額還付を実施し、会社の資金圧力はさらに緩和される。「税務署の方から相談に来られて助かりました。研究開発への投資をさらに増やし、技術サービスの範囲を広げることを検討している」と述べた。

李旭红を教え、付加価値税の払い戻し留当て政策は企業の購入生産設備などの開発と関連し、運送装備を、电気机械、机器の身だしなみ、医薬、化学繊維などの製造業の企業を、関連企業が直接刺激が変形のアップグレードを投入して、韓国の製造業の回復のため、穏健発展し、新たな動力を提供している。

会議では、上記政策に加えて税制優遇政策がすでに打ち出されており、年間で新たな減税が5500億元を超える見込みだと指摘した。

「今年に入って、わが国はすでに多くの税制優遇政策を秩序ある形で打ち出し、『六安定』の仕事をうまくやり、『六保』の任務を実行することに対して積極的な支持の役割を果たしている。」江西省撫州市税務署第一税務分局の陳玉珍局長は、「私たちは納税者にもっと積極的に政策の説明と説明を行い、税収優遇政策を生産力に変えることができる。」と述べた。

特に今回の会議では、減税政策を実行すると同時に、非課税所得を秩序的かつ合理的に控除し、各種名目の無分別な徴収が企業の負担を増大させることを断固として防止すると強調した。

財政部が3月18日に発表したデータによると、今年1 ~ 2月の全国の非税収入は4741億元で、前年同期比で16.8%増加した。

訪問を受けた専門家と学者は、経済が安定に戻って良い背景の下で、明晰な頭脳を維持し、減税とコスト引き下げの両面で、市場主体の活力をより大きく引き出し、発展の底力を強化し、「保証」の措置をさらに着実に行い、「安定」の基礎を強固にし、経済の安定的な運行を促進し、質と効果を高めるべきだと考えている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。