2022年1月28日

韓国の生産年齢人口の平均教育年限は10.8年だ

韓国の生産年齢人口の平均教育年限は10.8年だ

2025年には11・3年を目指す

国務院の新聞弁公室は31日に開かれたブリーフィングで、教育発展规划司を通じて刘昌亚は、「十」の末期、国家を目指す労働年齢人口は平均11.3年教育年限に引き上げ、労働年齢人口は2025年韓国の教育水準は高校2年生の平均以上の教育程度。

労働年齢人口の一人当たりの教育年限は、16歳から59歳までの労働力の教育状況を統計したものである。劉氏によると、現在、わが国の新規労働者の平均教育年限は13.8年に達し、これは高等教育の段階に入ったことに相当するが、2020年の労働年齢人口の平均教育年限は10.8年となる。

劉昌亜委員長は次のように表明した。2025年に生産年齢人口の平均教育年限が11.3年に達する目標を実現し、重点を3つの方面から推進する。

第一に、教育の普及レベルを引き続き高めること。2025年までに高等教育の粗入学率を60%まで引き上げることを目指す。そうすれば、新たに加わった労働者の平均教育年限はさらに高まり、生産年齢人口の平均教育年限も大幅に上がる。

第二に、教育の普及水準と平均教育年限を高める過程で、教育の質を向上させなければならない。義務教育は良質の均衡を実現し、職業教育を大いに発展させなければならない。

第三に、新たに生まれた労働者の教育水準を高めると同時に、ストック労働者の人的資源開発の水準を絶えず高め、全国民の生涯学習のための教育システムの構築に努める。

職業教育は技能人材を育成する主要ルートであり、労働力の質を高めるために非常に重要である。教育部は最近、新しい職業教育専攻リストを発表した。

教育部職業教育・成人教育司の陳子季司長は「4つのにらみ目」、すなわち産業チェーンを睨み、市場信号を睨み、技術の最前線を睨み、民生需要を睨み、今回の改正を読み解く。「中職は61.1%、高等専門職は56.4%、専門教育学部は260%調整され、主に167の学科が新設された」陳子季氏は次のように表明した。今回の改正は「新」を強調し、新経済、新業態、新技術、新職業を深く結びつけ、職業教育専攻のアップグレードとデジタル化改造を促進する。例えば、戦略的新興産業にサービスを提供し、集積回路技術、新エネルギー材料応用技術、スマート光電制造技術専攻を設置した。現代サービス業の重点分野と関連して、乳幼児保育サービスと管理、知的健康養老サービスと管理、現代家事管理、氷雪運動と管理などの専門分野を設置した。

教育部はこれとともに、職業教育専攻が産業発展に伴ってダイナミックに調整される仕組みを整えることにした。一方で、省レベルの教育部門を指導し、地域の質の高い発展ニーズに合わせて、専門の配置と構造を最適化する。一方、専門学校の運営自主権を高め、専攻の柔軟な設置を奨励し、わが国の経済社会の発展のために大規模な高素質技術技能人材を育成するよう指導する。

教育部基礎教育司の呂玉剛司長は、校外教育は依然として過熱しており、超人的・超人的な教育問題は根本的に解決されていないと述べた。今年、教育部は関連部門と協力して、システム管理と標本管理を並行しながら、学外教育機関の管理を強化するために、より効果的な措置を取る予定だ。これとともに、学校の教育主砲の役割をさらに強化し、生徒の校外教育の負担と宿題の負担を確実に軽減しなければならない。

学外養成機関に対しては、法律に則って治め、総合施策など、厳しい定着国家の法律の要求と関連し、金融決裁養成機関、強化訓練内容を監視、イノベーション有料管理方式、规范訓練行為であり、厳重に取り締まり、違法の違反の训练は、切実に広大な父兄と学生の合法的権益を守る。

義務教育学校に対しては、授業の質をさらに高め、宿題の管理を規範化し、宿題の設計レベルを高め、書面による宿題の総量を厳格にコントロールしなければならない。放課後サービスの供給を増強し、放課後サービスの時間を保障する。特に、放課後サービスの時間を現地の定時退社時間とつなげることを強調し、放課後サービスの内容を充実させ、放課後サービスの質を向上させる。

吕玉刚、「現在のマスコミ報道のオルセー浮ぶ現象は、教育部がレースを厳しく取り締まる反則、厳しく募集の政策執行を深く定着義務教育の大入近く入学の規定と、「公民」を募集した同政策厳禁小中学校募集入学いかなる形の社会の竞争と連携し、断固として利益鎖を断ち切る。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。