2022年1月28日

2021年天津港の第100列中欧定期列車が運行を開始した

天津4月1日付の4月1日10時、一列が満载、自動車部品、自転車や機械部品や生活必需品など、貨物の中部欧州班列天津港からに、出国エレンホト関門を経由する発、モンゴル、天津港は、これで今年以来100列中欧班列ごとの、このうち90%以上の貨物が韓日、東南アジアなどに国境の貨物。

今年以来、中国の贸易の輸出入=が、天津港を十分発揮できる「一帯一路」シーランド交汇点、新アジア大陆桥廊下の経済の重要な节目とサービスの全面開放の国際ハブ港の役割を全力で国内の大循环を作る重要ノードで、国内の国際双循环戦略拠点、サービス产业チェーンのサプライチェーン能力増強続く。天津港グループは関港協力をさらに強化し、中欧の定期貨物の「船端直持ち上げ」「到着港直装」通関モデルを積極的に推進し、貨物の入港時間を大幅に圧縮し、港湾通関サービスの利便化レベルを向上させた。

天津港グループと中国北京鉄道局の長期戦略的協力関係の構築、さらに円滑中欧班列国境の通路、中欧班列組織ごとで、鉄道の省庁が最適化作業の一環として、指令の強化、指揮ごとに最適化案を優先承运中欧班列、優先積み上げたり、優先に运、有効班列貨物の安全確保効率のでしょう。天津港グループは今年の第1四半期、中国・欧州の定期コンテナの出荷量を累計で11604箱達成し、前年同期比7.8%増加した。

として全国発展中欧の早い班列の沿岸の港は、近年は天津港国際貨物班列グループの構築に積極的にモンロ大通道、廊下の助力でモンロ経済建設、開通した满洲里、エレンホト、阿拉山口(霍尔果斯)3条中欧班列通路、サービスの辐射の能力を強化し、中欧班列輸送安定成長を維持したが、走って助力「一帯一路」沿线の国の深化互恵共栄協力、「加速度」が、ものを陆の内外の連動の形成、双方向の共助の開放構図の「津港の力」を記録した。(完)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。