2022年1月28日

a株の3大指数は中化国際などを小幅で高値で取引を始めた

4月1日木曜日、a株の3大指数はやや高値で推移した。中国化集団と中国化学工業が合同再編を実施し、傘下の上場企業が寄り付きで大幅に値上がりし、クラウス、中国化国際など多くの株が一時停止した。雄安新区素材持続発酵;教育、貴金属、自動車、半導体、飲食観光などの分野では上昇幅が大きく、エネルギー設備、ガス、環境保護、石油化学などの分野では下落幅が大きかった。

取引開始までに、上海指は0.08%上昇し、3444.81ポイントを報告した。深成指は0.25%上昇し、13812.64ポイントを報告した。創業板は0.29%増の2766.42ポイントとなった。

盤面上では、飲食、自働車サービス、栽培業、専門工事、金などのプレートが上昇をもたらした。採掘サービス、ガス、造園工事、林業、環境保護工事及びサービスなどのセグメントは前より下げ幅が大きかった。概念株は、グリホサート、リン化学工業、農薬、動物薬品、遺伝子組換え、フッ素化学工業などの上げ幅が前に、昨日の連板、新疆振興、炭素取引、深圳国資改革、信託などの下落幅が前にある。

個別銘柄では、1606銘柄が上昇し、そのうち、翔宇医療、stクラウドネット、stウスンなど5%以上上昇した銘柄が多い。1760個の銘柄が下落したが、そのうち、今津グループ、国際実業、st天首などの銘柄は5%以上下落した。

資金の流れは、業界セグメントの主力が上位5位に流入したのはその他の輸送設備、文化メディア、インターネットメディア、マーケティング・コミュニケーション、船舶製造で、流出した上位5位はその他の輸送設備、文化メディア、インターネットメディア、マーケティング・コミュニケーション、船舶製造だった。トップ5に流入した主な銘柄は中国広核、ケープテスト、欣賀株式、日久光電、地下鉄設計で、流出したトップ5の銘柄は中国広核、ケープテスト、欣賀株式、日久光電、地下鉄設計だった。主要流入の上位5つのコンセプト素材はo2oコンセプト、綿、特高圧、風力発電、深圳国資改革で、流出の上位5つのコンセプト素材はo2oコンセプト、綿、特高圧、風力発電、深圳国資改革だった。

滬深港通の南北資金の流れを見ると、記事送稿までに、北資金は54.64億元を純流出し、そのうち滬株通は8.9億元を純流出し、当日資金残高は528.9億元で、深株通は45.74億元を純流出し、当日資金残高は565.74億元である。南向資金の純流入額は12億7900万元で、そのうち上海港通の純流入額は10億6400万元で、当日資金残高は409億3600万元、深港通の純流入額は2億1500万元で、当日資金残高は417.85億元だった。

山西証券は、市場の面では、水曜日の2つの市は、前日との取引高の変化は大きくなく、指数の上昇幅は、市場のボラティリティが低下し続けていると考えている。数日前の市場全体の予測を維持して、現在のリスク回避感情が後退して、マクロ経済環境は良好で、市場は一部の高い景気プレートの下で横這いの動きがあり、出来高はほぼ安定を維持します。投資家は、景気が回復し、収益性の高い業種に優先的に注目することを勧める。

方正、証券分析技術面で、四半期線と月をもらわ線の陰が市场の短期的に一定の調整の圧力を受けて、季線の复数の強化は、短期的な市场ではない、変えて下落の上昇傾向は、しかし空間も有限上昇し、市场を引き続き維持線の下に波紋を返すよう運行は90日、上下空間も小さく、後続クールピープル量もできるかがカギだ。

方正証券はまた、ファンダメンタルズを見ても、a株市場でも株価が底を責めるよりはるかに米株、a株市場の体系的リスクを持たず、「茅」株の下落が完成した最後の構造的リスクを釈放し、米株式市場とまるでかきの性格とは全く違う、身動きも充分、借金だけ東風「マッチ」触発要素があれば、火付け役が便利になる。(アプリ)

(文の観点は参考に供するだけで、投資の提案を構成しないで、投資にリスクがあり、慎重に市場に入る必要があります。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。