2021年10月25日

「あの世のお金」を稼ぐのか。葬儀も「太陽の下を歩く」

北京4月2日報道:清明が近づき、葬儀業界では1年で最も注目される時期でもある。最近、個別銀行が出した「墓地ローン」が話題を呼んでいる。

「墓地ローン」が社会の痛いところに挑戦

「墓地プライム」や「comプライム」に対して、中国の中央銀行の金融市场司を通じて邹澜4月1日、両国の新班のブリーフィングと手厳しい批判をしたは、個別銀行のいわゆる金融のイノベーションを旗印に掲げて、社会問題に挑戦し、住民の過度な負債を誘導したが、社会の公序良俗の大台に触れ、実体経済の本来の金融サービスを脱出した。

「墓地ローン」の本質は消費ローンなのに、なぜこの市場に目をつけて、ギャグを作って客を獲得する銀行があるのか。その背後には、慎して死を追遠し、民の徳は厚い。古来、人は、生死を畏敬して、「そのこと」観念に対する人々の進歩、この昔のない「業種」は、今はゆっくり形成に大きな業種、大きな市場。

中国ほか業協会が2014年に発表したデータによると、同年の全国のほかに統計できる業種の消費は2000おく元、このデータの予想が、2020年には6000おく万元、2023年にはちょうおくまん元で、ほかの業種が徐々に発展した一つの巨大な特殊サービス業種の展望。

しかし、その背後には葬儀業界の「暴利」への不満があった。葬儀業は03年から数年間、「中国10大暴利産業」に入った。「韓国の現在のほかの業種は灰色の状態に置かれ、情报の非対称と忌避死の心、サービスでもほかの帯域の現高価。」指摘がある。

人口の高齢化の圧力の下で、墓地の分野に「人が少ない」の問題はますます目立つ、正確な「墓地プライム」のマーケティング、志向は価格が高く、墓地の資源不足の現状だ。

墓地価格が住宅価格に迫るところもある

墓地の価格が年々上昇していることを整理してみると、1平方メートルに満たない墓地の価格が住宅価格に迫っているところもあり、1つの墓が数万元、数十万元、数百万元に達するところもあり、さらには骨箱を置くために家を購入するところもある。

「こちらの墓地は低くても数千、高くても数万。北京市昌平区のいくつかの比較的よく知られた霊園では、最も簡単な伝統的な墓石も少なくとも10万からスタートする必要があります。氏は広域ほかの業種に従事する奄奚氏。

「墓地の価格に影響を及ぼす要因が2つを主導し、一は地元経済発展レベル、二は稜地理環境。」奚女士は次のように語った。地理的環境の良い墓園墓地では、墓の価格が一般的に他の墓園より高くなっている。例えば北京の十三陵や洛陽(亡北)山周辺の墓の価格は一般的に地元の他の地域の墓の価格より高い。

葬儀を含む「殡」と「葬」2部分、前者の一般を指す添え埋葬の前の各種の追悼式やイベント、後者は死者のケースを指す過程および後任の祭り。墓地を除いたほかの用品市場もかなり長い時間の混乱状態を経験した。

「二、三十元の入札で購入した骨箱を葬儀場の棚に置くと三、四百元になる。材質がよく、コストが100元を超えない骨壷は、1、2千元で売れた。高級品と言われる骨壷は、五桁も売れそうだ」

「死なない」不安を解消するには?

「でも、今はこっちもだいぶ大人になった」奚氏は、「以前は土地がそれほど緊張していなかった時は、人が墓地をあらかじめ購入することができたが、今は墓地の穴が需要に供給されず、政策が変わり、死亡者が死亡証明書を持っていなければ購入できなくなり、価格が少し抑えられた」と話した。

これは中国の葬儀改革における重要な一歩でもある。民政部の「葬儀改革の更なる深化と葬儀事業の科学的発展に関する指導意見」によると、夫婦健在者、高齢者、危篤患者に分譲(賃貸)して自己使用を確保できるほか、墓地経営者は死亡証明書または火葬証明書に基づいて墓や遺灰を売却(賃貸)しなければならない。

葬儀改革は、迷信的で浪費的な方式で死者の遺体を処理して葬儀を取り扱う習わしをすべて取り除き、代わりに科学的で、質素な葬儀方法と哀悼の形式の1つの社会風俗改造作業を行うことです。

葬儀分野の構造的問題と長期的に民衆を苦しめている一連の混乱に対して、2018年6月、民政部など9部門は合同で「全国葬儀分野突出問題特別整備行動案」を発行し、葬儀サービス、仲介サービス、葬儀用品販売における違法違反行為を重点的に取り締まった。

奚氏は、自分の葬儀場では、すべての商品の利益が価格の30%を超えないように要求していると話した。「以前は確かに値段が高かったが、ここ数年で少しずつ変わってきた。地方によって政策は違うかもしれないが、これからはゆっくりとそうなるだろうし、暴利も遠くないと思う」と話した。

「今後、葬儀費用の面では、より多くの国民に恩恵を与える政策を展開してほしい」。奚女は言った,今一つの事をするにはどうしても何万かかる。これまでより安くなったとはいえ、多くの家庭にとってはかなりの出費となる。亡くなった人の家にはよく会ったが、病気を治すために家を売ってしまって、本当にお金がなくなって、お葬式をするのが大変だった。

紹介によると、現在のわが国の退職者が亡くなった后、家族は1つの金を受け取ることができて、私達の言う葬儀費と慰労金です。このお金をどのような基准で支給するのか国は明確に決めておらず、各省・市・地域で独自の基准が設けられている。

「社会保険の葬儀費用の支払いの面で、現在完備すべき重点は、養老保険の葬儀費用のメカニズムにある。」葬儀分野の研究者で華中科学技術大学准教授の郭林氏は、葬儀費用は一過性の支払い資金であり、年金保険基金などに過大な金銭的圧力を与えることはないと述べている。

「一方で、労働者年金保険の中で社会化された葬儀費用の支払いメカニズムを真に確立し、年金保険基金が相応の資金調達責任を負担して、葬儀費用の支払いを単位保障から社会保険への移行を実現し、さらに企業が市場競争に参加する負担を下げなければならない。一方、都市部と農村部の住民の養老保険が葬儀費用を支払う仕組みを全面的に推進しなければならない」と述べた。郭林は言った。

「死者の面目を失わせ、葬儀業も陽の光の中で」

「実際には、多くのものは日光の下でのみ、長い時間を歩くことができて、永遠に暗い暗い面の中では、私たちの業界のように生きることはできません。」90代納棺師のワンちゃんは言う。

おくりびとは、「最后の美容師」とも呼ばれ、「白いゴム手袋をはめて化粧箱を開け、髪をとかし、ファンデーションをつけ、チークをつけ、眉をつけ、口紅を塗って、特殊な遺体を除いた一連の作業を15分以内にこなす」のがワンさんの日課だった。

ワンさんの夫は霊柩車の運転手で、毎年2000人以上の死者を運んでおり、多くは同僚と一緒に1日100人以上の死者を運んでいる。冬と夏は仕事の繁忙期で、夏は気温が高く、心臓や脳血管の疾患で亡くなるお年寄りが多く、冬は雨や雪による交通事故が多い。

「霊柩車の運転手はとても荘重な職業で、良い心理素質と優秀な運転技術を持っている以外に、また特殊な訓練を経て、どのように遺体袋を使用して、遺体の確認、ウイルスの遺体の輸送処理と非正常な死亡の遺体の小包などを含む;専門用語や一般的な民族風俗なども学び、遺体が出て帰るのと遺骨が帰ってくるのとでは同じ道を行けないところもあります」汪さんが紹介した。

「初めて服を着た人の手を握るのは冷たい。初めて犠牲者のひげを剃ろうとしたが、「剃る」ことを恐れた。初めてファンデーションを拭くとき、目の部分を横に拭くように言われて、ふいに縦に拭きましたが、急に目が開いてしまったので、ごめんなさい、ごめんなさいと言ってしまいました。

仕事を始めて何年かが経ち、ネイルを塗ったり、髪を染めたり、髪を切ったり、ウェディングドレスを着たりと、家族からのさまざまな要望をワンは見てきた。「私たちにできることは、死者を立派に、尊厳をもって帰らせることです」ワンが言った。

「昔から、遺体の化粧には京劇の油彩が使われていた。劇的に描かれていて、顔が白く口が赤くて。変死体であるかのように見えない死体は、サングラスやマスクをつけて覆い隠すのが一般的で、出すのが怖い」と話した。ワンが言った。

「でも今は、なるべく口や目や鼻を元に戻すために、二、三日忙しくしていることが多いし、遺体の化粧も自然になって、違和感がなくなりました」ワンさんの目には、現在、全体のほかの業種は、もっと、もっと人間的な方向に進む。(完)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です