2022年1月28日

クリーンエネルギーの開発・利用を加速させ、低炭素モデル転換のハードな戦いに勝つ

低炭素モデル転換のハードな戦いに勝つ(経済の新しい方向)

カーボンダピーク、カーボンニュートラルを実現するのは難しい戦いだ。このほど開催された中央財政経済委員会第9回会議では、中国が2030年までに炭素達ピークを達成し、2060年までにカーボンニューロプロセスを実現することを目指すのは、党中央が思慮深く下した重大な戦略的決定であり、中華民族の永続的発展と人類運命共同体の構築にかかっていると強調した。

会議で提示された重点課題をどう見て、今どのように進んでいるのか。「十四、五」は炭素達のピークの期間、ウインドウ期間、次のステップはどのようにグリーン低炭素の発展を把握しますか?関係部署と専門家にインタビューした。

クリーンエネルギーの開発・利用を加速し、新エネルギーを主体とした新しい電力システムを構築する

烏東徳水力発電所の最後の1台のユニットのつり上げに成功し、発電の全面的な生産に向けて邁進する。天津に2つのスマートエネルギータウンが建設され、地域内のクリーンエネルギー利用比率は90%に達する。太湖流域で初の電気工作船が進水、電気自働車5台分の電力を貯蔵できる…最近、エネルギーのグリーン低炭素の発展の良いニュースの頻度は、炭素のピークを達成するために、炭素の中和エネルギーを注入します。

中央財政経済委員会第9回会議では、クリーンで低炭素で安全で効率的なエネルギーシステムを構築し、化石エネルギー総量を制御し、利用効率の向上に力を入れ、再生可能エネルギー代替行動を実施し、電力システムの改革を深化させ、新エネルギーを主体とする新型電力システムを構築することを指摘した。

国家エネルギー局の関係責任者は次のように説明した。「第13次五カ年規画」期には、中国の水力発電、風力発電、太陽光発電、建設中の原子力発電設備の規模などの多くの指標が世界一を維持している。2020年末には、クリーンエネルギー発電設備の規模が10億8300万キロワットに増加し、初めて石炭発電設備を上回り、全体設備の割合は約49.2%に達し、多元清浄エネルギー供給システムが構築された。

それにもかかわらず、エネルギー・電力分野の炭素排出削減の課題は依然として重い。データによると、エネルギーの燃焼は中国の主要な二酸化炭素排出源で、全体の二酸化炭素排出量の約88%を占め、電力業界の排出量はまたエネルギー業界の排出量の約41%を占めている。

再生可能エネルギーの開発は、エネルギー転換を促進する重要な手段である。言及会議を狙った「再生可能エネルギーの代替行動」を実施し、国家エネルギー局の関係者は、再生可能エネルギー規模を推进する、高比例、市場の発展を、再生可能エネルギーの向上、エネルギー、電力消費の割合を、再生可能エネルギーが「十」時代に韓国の1次エネルギー消費增量の主体になる。

「新エネルギーを主体とした新しい電力システムの構築」という表現にも業界は注目しています。「風力発電や太陽光発電は変動性があり、将来的に新エネルギーが急速に発展し、新型エネルギー設備が広く使われるようになると、電力システムの需給バランスが難しくなり、安全・安定運転の保障が難しくなるため、新しい電力システムを構築する」国網エネルギー研究院エネルギー戦略計画研究所の鲁剛所長は次のように述べた。

新エネルギーを主体とした新しい電力システムとは?国家エネルギー局の関係責任者は次のように説明した。新型電力システムは、新型エネルギー貯蔵及び電気自働車などの柔軟性調整資源を幅広く配置し、大規模で高い割合の集中型と分散型の再生可能エネルギーに適応し、ネットワークに接続して消尽することができる。構造的特徴では、ユーザー側の安全・信頼性保障を中心に、高度なデジタル化知能化、ソース網の荷貯蔵の協同インタラクティブ化、電力の多エネルギー補完、クリーンエネルギー資源の配置能力、スケジューリング運営のフラット化などを主な特徴としている。

業界の専門家は、新エネルギーを主体とする新型電力システムを構築するには、多方面で共同発電する必要があり、特に新型エネルギー貯蔵技術の研究開発応用を加速し、電源側の多源協調運転能力を向上させ、電力システムの各リンクの全面的なデジタル化を推進しなければならないとみなしている。

これについて、国家エネルギー局の関係責任者は、「第十四、五」の時期に、大容量、高安全、低コスト、高効率、長寿命のエネルギー貯蔵技術を突破する研究を誘導し、エネルギー貯蔵の市場参加と投資収益メカニズムを改善する。火力発電機の柔軟な調整能力を十分に発揮し、火力発電機のアクティブな深さのピーク調整と柔軟な改造を実施する補償メカニズムを研究・改善する。知能化技術を電力システムの研究開発に応用し、人工知能、ビッグデータ、クラウドコンピューティングなどの新興技術に基づいて、高度に知能化されたスケジューリング・運行システムを構築する。

エネルギー消費方式のアップグレードに力を入れ、重点産業分野の減汚・炭素削減を推進する

中央財政経済委員会第9回会議では、重点産業分野の汚染を減らし炭素炭素を削減する行動を実施し、工業分野はグリーン製造を推進し、建築分野は省エネ基準を向上させ、交通分野はグリーン低炭素輸送方式の形成を加速させなければならないと指摘した。

「エネルギー効率を向上させ、一次エネルギー消費総量をコントロールするのが最も直接的で効果的なエネルギー炭素排出削減方法だ。現在のエネルギー構造では、一次エネルギー消費量一億トンの石炭を減らすことで、二酸化炭素排出量を約二億トン減らすことができる」清潔で低炭素で安全で効率的なエネルギーシステムを構築するためには、「二本足」歩行が必要であり、エネルギー供給を統一して清潔で低炭素にすることと工業、建築、交通など主にエネルギーを使う業界のエネルギー方式の変化が必要だと、鲁剛氏はみなしている。

エネルギー消費の多い産業である鉄鋼産業は、製造業の31のカテゴリーの中で炭素排出量が最も多い。中国宝武集団八一鋼鉄公司では、炭素富循環溶鉱炉試験プロジェクトの建設を進めている。同社の担当者によると、炭素燃焼から水素燃焼まで、プロジェクトが成功すれば、制錬炉の利用係数を大幅に高めるだけでなく、二酸化炭素排出量を30%削減できるという。

工業分野だけでなく、他の重点産業分野でも汚染低減に力を入れている。

建築分野では、省エネ改造の秩序ある推進、組立建設の普及を加速させ、太陽光発電の建物は一体化して成長する……住宅部などの多くの部門は、2022年までに、その年の町の新築ビルの緑の床面積の割合は70%に達しています。

交通分野では、2015年末以降、中国は老朽化した自動車を1400万台以上淘汰した。現在、北京、山西省、上海省、湖南省などで新エネルギーバスの割合が100%に達している。推計によると、交通運輸業界で新エネルギー車の導入を推進することで、年間約5000万トンの炭素排出量が削減される。

清華大学エネルギー変形・社会発展研究センターの何継江常務副主任は、農村住宅建築の省エネ改造の強度を高めることができると提案した。「農村住宅はドアや窓の気密性が低く、冬には『逃げ風』が漏れやすく、省エネ改造の可能性が高い。」省エネ基準を引き上げるとともに、第三者評価机関の監督管理を強化し、それに応じた普及政策を提言した。

交通運輸のグリーン低炭素発展を推進するには、全社会が共同で努力する必要がある。充電杭、自転車道など対応する施設の建設を完備し、より多くの公衆がグリーン走行を優先的に選択するよう誘導する。また、輸送構造を調整して、さまざまな輸送方式の組み合わせを効率化したり、貨物輸送の低炭素化を実現したりします。

グリーン低炭素政策と市場システムを補完し、炭素排出権取引を加速化する

バイオガスは発電に使われ、バイオかすは化学肥料に変身し、福建省福州紅庙岭の生ゴミ処理場で、一台一台のゴミを処理して、物を尽くしている。「これは公益性のpppプロジェクトで、総投資額は6億元余りで、回収サイクルが長く、キャッシュフローが比較的緊迫していて、幸い銀行は適時に2億元以上のグリーン省エネ排出削減ローンを提供した。」プロジェクトの投資・運営を担当する福州初海環環境保護科技有限公司の責任者は次のように述べた。

中央財経委員会第9回会議では、グリーン低炭素発展に有利な財税、価格、金融、土地、政府調達などの政策を改善することを提案した。データによると、中国のグリーンローン残高は現在11兆元を超え、世界第1位である。グリーン債の残高は1万億元余りで世界第2位。このほど、国家発展改革委員会、財政部など5つの省庁は通達を出し、金融機関が商業化の原則に基づいて再生可能エネルギー企業と展示期間や継続貸付を協議し、補助金を優先的に支給し、貸付支援の度合いをさらに強化するなどの措置を打ち出し、風力発電、太陽光発電、バイオマス発電などの産業の健全かつ秩序ある発展を支援することを提案した。

会議で言及された「エネルギー『二重制御』制度の改善」について、鲁剛議員は次のようにみなしている。トップレベルの設計を強化し、エネルギー使用予算、エネルギー消費量モニタリング、エネルギー使用権取引、省エネ評価評価評価の閉ループ管理システムを確立し、健全化すべきだ。地域、業界の特性を総合的に考慮し、省エネ目標の分解、実行、評価メカニズムを構築する。彼は、現在のほうが切実な、炭素削減は、全社会の業種別難易度や潜在力、技術的な差、代替による電気業種間の排出移転など、予算に韓国の炭素排出業種間の合理的構造を配置し、炭素削減し、合理的な経路デザイン、特に炭素峰万時間やピーク峰削減後のカーブに達する。

「炭素ピークピークではない炭素の突進、いくつかの場所は、炭素ピーク2030年の前に、いくつかの高エネルギー消費量、高排出量プロジェクトを急いでいると思うかもしれないが、これは間違っているだけでなく、しっかりと抑制する必要があります。」何継江副部長は次のように指摘した。鉄鋼、化学工業などの業界を早急に炭素排出権取引市場に組み入れ、関連市場化メカニズムの改善を加速させる。

国家エネルギー局の関係責任者は次のように表明した。炭素達峰、カーボンニュー中和目標を堅持し、政府と市場が両手で力を出すことを堅持し、エネルギー商品の属性の還元をめぐって統一開放、競争秩序のある電力市場システムを建設し、取引品目を革新し、市場化方式によるクリーンエネルギーの消納空間の拡大を推進する。

本紙は丁怡婷

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。