2021年12月3日

シルバー保険監督委員会:自動車保険総合改革「値下げ、保険増、品質向上」の段階的目標が成果を出し始めた

【北京4月2日】自動車保険総合改革半年間、自動車保険市場は全体的な安定を維持し、「値下げ、保険増、品質向上」という段階的な目標は、改革予想予想にほぼ一致した。

銀保監督委員会は同日、同部門がこのほど自動車保険総合改革半年作業(テレビ電話)会議を開催し、中国銀保監督委員会の梁涛副主席が会議に出席して演説したことを明らかにした。会議では自動車保険総合改革が成立して以来の仕事の効果を振り返り、自動車保険市場に出現したいくつかの新しい状況と問題を整理し、自動車保険総合改革を推進する各仕事の任務が絶えず深化し、成果が出た。

会議では、今回の改革は国民の立場を堅持し、消費者の獲得感が著しく高まり、保険料の低下率が89%となり、そのうち保険料の低下率が30%を超える保険料の割合は64%に達したと指摘した。保険の本源に戻ると、リスク保障の程度が格段に高まり、三責保険の平均保証額は改革前の89万元から133万元に引き上げられた。リスクを防ぎ、自動車保険市場の混乱を著しく抑制した。2月末までに、全国の自動車保険総合費率は前年同期比9.39ポイント、自動車保険手数料率は前年同期比6.75ポイント低下した。質の向上に着目し、会社の経営能力を著しく向上させ、モデル転換とアップグレードを加速させ、業界の発展構造を著しく改善させた。

会議では、自動車保険総合改革の複雑度、敏感度、困難度は前例がなく、風が高く波が急であればあるほど、定力を発揮し、構造を拡大し、担当を強化し、規律を厳守し、改革を揺るぎなく深化させ、自動車保険の質の高い発展を加速させることを求めた。監督・監督部門、管理部門、市場主体は一定の力を持ち、政治的立場を高め、改革・配置を継続的に徹底させなければならない。責任を持ち、思想と認識を強化し、それぞれの役割を自ら改革の責任を担うべきだ。構図を持ち、視野を広げ、発展の目と革新的な思考で前進中の問題を解決しなければならない。ルールを持って、赤い糸を意識し、厳しいところを厳しくチェックして改革環境を浄化し続けなければならない。

会議では2021年の自動車保険特別検査を実施し、10のシルバー保険監督局を組織して5つの主要損害保険法人の12の省級支店に対して標的検査を実施する予定であり、市場秩序を乱す者が自動車保険総合改善作業の全局を破壊することは許されない。(完)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です